その他

「以上」「以下」「未満」「より大きい」「を超える」の使い分け

2016/11/19

146

小学校で習った「以上」「以下」「未満」「より大きい」「を超える」。意外と覚えてない人が多いのに驚きました。

MOSスペシャリスト「Excel」の試験勉強をしていた時のことですが、この使い分けを理解していないばっかりに、点数を落とすという人が周りにいたので、何で知らないんだろうと思いました。

数学が苦手だから解らないというより(ちなみに私は理数が苦手です)、先生の話を聞いていなかった人達なのかなと思います。

スポンサーリンク

数式で表した場合

  • 18歳以上 x >= 18
  • 18歳以下 x <= 18
  • 18歳未満 x < 18
  • 18歳より大きい x > 18
  • 18歳より小さい x < 18
  • 18歳を超える x > 18

と表現します。

日本語にした場合

  • 18歳以上(18歳以下)は18歳を以って上(下)。なので18歳を含みます。
  • 18歳未満は18歳に未だ満たない。ということで18歳は含みません。
  • 18歳より大きい(小さい)は、18歳よりも大きい(小さい)ので、18歳は含みません。
  • 18歳を超えるも、18歳を含みません。

「以って」という字は「持ちて」が変化したものです。18歳を持つということなので18歳が含まれます。

簡単な覚え方

以上と以下の以はイコールの以と覚える。イコールは18歳と同じという意味になり、18歳は含まれる。

それ以外の場合は18歳を含まない。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-その他