生活術

「時間を買ってストレスフリー」快適生活を過ごすことのススメ。

2016/11/19

805

前回の続きになりますが、私が炊飯器を思い切って買った理由は、家事の時間短縮と不便さからのストレス解放のためでした。

というのは、主人が独身時代から使っている10年来の3合炊きの炊飯器は、今も健在。「使えるのに買う必要は無いんじゃない?」と、思う人もいるかもしれません。

でも、この炊飯器を使い続けることによってかなりのストレスを感じるんです。

スポンサーリンク

ストレスの原因

炊飯回数が多くなる

我が家では仕事の都合上、2人分のご飯を2日分まとめて炊かなくてはならないため、1日に2回炊飯する必要があります。しかも、日曜日については3回炊きます。

「米とぎ×2回」「炊飯×2回」「洗い物×2回」と、家事にかかる時間は2倍となります。

貴重な時間がつぶれる

朝8時に出勤して、帰宅するのが夜9時。家事に時間をとられると貴重な自分の時間が無くなります。ゆっくりお風呂に入りたいし、録画したテレビも見たい。

そんな至福の時間が減ってしまう。それこそイライラがつのります。

なんで私だけ忙しいの?

夫婦共働きなのに、食事の支度や洗い物は私の仕事。なんで私が忙しくしている間に、主人はのんびりゴロゴロしているの?

とてもイラっとします

炊飯器という大切な時間を買う

そこで、考えたのはケチらずに大きな炊飯器を買うことでした。

我が家には3合炊きの炊飯器の他に、義親が使っている5.5合炊きの炊飯器があります。とても有難いことですよね。しかし問題点がひとつあります。

自由に使えるけど、使う時間が被る

私の炊飯器ではないため、遠慮して使わなくてはなりません。だって、自分のものを我が物顔で使われたら誰だってイラっとするでしょ?だから、そんな時は当然3合炊きで2回炊きます。

でも、2回が1回になり、自分の都合で炊飯器が使えるなら話は別。大きな炊飯器だと、煮物も楽々作れちゃいますからね。

家事の時間が短縮されて、自分の時間が増えるとイライラが減ります。そうしたら八つ当たりという迷惑を家族にかけることも減るので、我が家にとっても嬉しいことです。

まえむきポイント

時間は1日24時間という貴重な財産です。毎日忙しくて疲れが取れないなら、お金をかけて時間を買うことも必要です。時間をいかに効率よく使って心にゆとりを持たせるか。心の安らぎは、人間にとって大切なことだと言えます。

時間が足りない人はお金で時間を買おう

これも、家族円満の選択肢です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-生活術