雑記

お米が美味しくないと感じたら「白米を美味しく食べるコツ」

2017/09/08

404

新米の季節はお米が美味しいけれど、日が経つにつれて味が落ちたな~と思う事がありませんか?

意外と知らない人も多いですが、お米は生鮮食品です。保存方法や調理器具ひとつで味が変わるんですよ。

という訳で、お米を美味しく食べる保存方法や、炊飯グッズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美味しさを保つお米の保存場所

みなさんは、お米をどこに保存していますか?

「台所」「シンクの下」「冷蔵庫」など、保存場所も家庭によって様々だと思います。では、お米の品質を美味しく保ってくれる保存場所ってどこなのでしょうか?

それはズバリ「冷蔵庫」です。

なぜお米を冷蔵庫で保存した方がいいの?

お米は生鮮食品なので、日にちが経つと酸化します。保存温度を10℃下げると酸化する速度が遅くなります。野菜室で保存すると、常温保存よりも2倍も美味しさが持続します。

また、18℃以上の湿気の多い場所では虫が発生します。

酸化したお米は味が落ちて美味しくありません。適度な温度と湿度を保ってくれる冷蔵庫がお米を保存する場所としてベストなんです。

実は、お米屋さんや農家の方もお米が劣化しないように、冷蔵庫で保存しているんですよ。

お米の保存にNGな場所

キッチンの流し台の下

流し台の下は湿気が多く、カビが生えやすいので、お米の保存場所としては不向きです。

日光が当たる場所

お米を日光に当てると、乾燥が進んで酸化します。お米がひび割れたり、古米のような品質になってしまいます。

お米を美味しく保存する容器

スーパーやお米屋さんで売っているビニールの米袋には、とても小さな無数の穴が空いているって知っていました?これは米袋の中に入った空気を抜くためのものです。米袋は空気を抜いた状態にしないと、重ねて陳列できないのでそうなっているそうです。

なので、お米を買ったらすぐに別の容器に移し替えることをオススメします。

お米保存に適した容器

密封型の米びつやタッパーがオススメです。ペットボトルやコーヒーの瓶などもとても便利です。

お米を保存する容器は、洗ってよく乾かしたものを使ってください。また、詰め替える場合は、古いお米を食べきり、容器を綺麗に洗ってよく乾かしてから入れ替えます。日光に当てて殺菌するのも良いでしょう。

ちなみに、我が家では100均のタッパーに入れて野菜室で保存しています。

ペットボトル保存も便利です。冷蔵庫のポケットに保管できるので、冷蔵庫がスッキリしますし、取り出しやすいのも嬉しいです。

ペットボトルでお米を保存している人の間では、「米びつろうと」という漏斗(ろうと)と計量カップが一体になったペットボトル専用の蓋が人気です。お米の入れ替えや計量が便利になるんですよ。お米を入れるのが便利で、ペットボトルと一体化することにより、わざわざ取り出したり探さなくてもいいというのが人気の理由です。

401

米びつろうと

お米を美味しく食べるには大量購入しない

1回に買うお米の量は、半月で食べられる量にします。

長期保存すると季節によって虫が発生したり、大量に買うとお米が冷蔵庫に入りきらなくなってしまいます。

お米を美味しく食べるには、大量購入を避けましょう。

玄米を買ってお米を美味しく食べる

お米は、白米よりも玄米の方が酸化しにくいので、玄米で買った方が美味しく食べられます。

なぜかというと、玄米の表面は糠(ぬか)で覆われているので、中の白い部分(白米)が空気に触れにくくなり酸化を防ぎます。

白米よりも玄米で保存した方が美味しさが持続します。

お米は玄米で買い、食べる都度に家庭用精米機で精米するのもオススメです。

我が家で使っている精米機はコレ↓↓↓

402

山本電気 道場六三郎プロデュース家庭用精米機 匠味米

炊飯器で炊いたお米は長時間保温しない

最近の炊飯器は「炊きあがり」「保温機能」が高性能になっていますが、それでも長時間保温を続けるとお米の味が落ちます。

ご飯が炊きあがったらスイッチを切り、食べて余った分はタッパーやおひつに入れて保存しましょう。

また、その日のうちに食べられない分は、熱いうちにラップで包み冷凍保存しておきます。水分も一緒に閉じ込められるので、レンジでチンしてもふっくらと美味しく食べられます。

炊きあがりに近いご飯ほど、そのままの美味しさが保存されます。

我が家ではまとめて炊いて、1食分ずつラップに包んで冷凍保存をしています。お米が炊けない日でも美味しくて便利です。

炊飯土鍋でお米をより一層美味しく

みなさんは、土鍋でご飯を炊くのは難しいと思っていませんか?

実は私もそう思っていました。

「上手く使いこなせなくても諦めがつくかな?」と、思って購入した安い炊飯土鍋が、3合炊きのマイコン炊飯器よりもご飯が美味しく炊けたんです。しかも、簡単に。とても驚きました。

炊飯器は炊き上がるまでに1時間はかかりますが、土鍋は30分で炊きあがります。

炊きあがりはお米の粒が立っていて、水分とお米の硬さのバランスが良く、炊飯器よりも断然美味しいです。炊き込みご飯の焦げ具合も丁度よく、とても重宝しています。

ただ、土鍋の場合は炊き上がるまでガスコンロの前に立っていなくてはなりませんが、火から下ろした蒸らしの時間がありますので、おかずを調理しながら炊飯も可能です。

平日は何かと忙しいので炊飯器を使っていますが、時間に余裕がある休日は土鍋でご飯を炊くようにしています。我が家の休日の夕飯時は至福のひと時です。

一度土鍋を使うと、ご飯があまりにも美味しくて使うのをやめられなくなります。

私が愛用している土鍋はコレ↓↓↓

403

イシガキ産業 ほっこりぐるめ ごはん鍋 3合 3696

ちなみに、炊き方から手入れの仕方まで解りやい説明書が付いているので、初めての方でも安心して使えます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

これが私が実践しているお米を美味しく食べる食べ方です。みなさんもぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-雑記