生活術

かさばるペットボトルを潰してゴミ縮小。便利なエコグッズとは?

毎日飲むミネラルウォーターのペットボトル。飲み終わった後のゴミの量って半端ないですよね。

我が家には分別用のゴミ箱があるのですが、入りきらないので全く使わなくなりました。

なので、飲み終わったペットボトルは45リットルのゴミ袋に入れてキッチンの片隅に放置。

でもね、キッチンを綺麗でお洒落に使いたい私は、それが気に入らない。だって、思いっきり景観を損ねてるじゃないですか。だからいつも見ないようにして、ゴミ袋が無かったことにしています。

しかし、そんなことではダメダメ。なんとかして、ゴミ箱を使えるようにしないと。

そのためには、ゴミを減らすしかない!!ということで、ゴミの嵩(かさ)を減らす方法を模索しました。

すると、ペットボトルを簡単につぶせる「ペットボトル吸いまっせ」という便利グッズを発見しました。

スポンサーリンク

八千代工業 ペットボトル吸いまっせとは

 

パッと見、生クリームの絞り出しやおもちゃの水鉄砲に見えますが、決して子供のおもちゃではありません。

れっきとしたペットボトルを潰すグッズなんです。

どうやって使うのかと言うと、

ペットボトルに刺し、空気を吸い込むことで容器をぺちゃんこにします。

これは500mlですが、2リットルのペットボトルだって簡単に潰れます。潰した後の大きさは元の半分以下。これは凄い。

力もいらないので、大人はもちろん子供だって楽々使えます。遊び感覚でできるので、自分に子供がいたとしたら毎回やらせるわ~。

 

これで、ペットボトルのゴミ縮小問題が解決されましたが、もう一つ問題が・・・。

それは何かというと、ビールを飲んだ後のアルミ缶。これも毎日1個ずつ増え、ゴミが山のようになっていきます。ああ恐ろしい。

どうせなら、ペットボトルもアルミ缶も潰せる方がさらに便利。ビールの空き缶は洗っても何故か床がベタベタになることが多いので、是が非でもゴミ箱を使いたい。

そこで便利なのが「ぺんてる マルチプレス」です。

ぺんてる マルチプレス KPM1とは

吸いまっせとは違い、プレス機にペットボトルや空き缶をセットして、親の仇のように踏みつぶさなくてもぺしゃんこにしてくれます。小さくなったそのサイズ、元の大きさの3分の1。

ちまちま空気を吸い取らなくても、ひと踏みでぺちゃんこです。

アルミ缶の場合、手で潰したって体積が減る面積はたかが知れてます。

しかし、このマルチプレスを踏みつぶせば?面白いように小さくなります。女性でにも簡単で、ちょっとしたストレス解消にもなります。

文房具のぺんてるが製造しているっていうのもちょっと面白い所ではあります。

で、写真ではサイズがわかりにくいと思いますが、1リットル以下のアルミ缶・スチール缶に対応していて、取っ手さえなければ2リットルのペットボトルまでイケます。

これを使えば溢れていたゴミが、きちんとゴミ箱に入りきります。

そして、キッチンもスッキリ綺麗に掃除がしやすくなる。しかも、スーパーのリサイクルステーションに何度も足を運ばなくても済むので、買物が楽ちんです。

私もきちんとリサイクルに貢献しているんだな~と、つい満足してしまいます。

最後に

リサイクルごみは、なにかと分別とゴミ出しが面倒ですが、便利なグッズがあれば手間が楽になりますね。

本当はゴミを出さないのが一番いいのですが、極力量を少なくしたいものです。

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-生活術