PC・ネットの基本

インターネットを使いこなせない人はとても損をしていると思う

2017/02/23

14

私の周りには、インターネットをうまく使いこなせない人が結構います。

「こんなに便利なものをなぜあまり使わないんだろう?」と思う時があります。

そういう傾向は年配者に多く、「うまく使えないから必要性を感じない」と思い込む人もいます。必要がないなら無理に使う必要は無いですが、ネットが使える環境にありながら使わない人はとっても勿体ないと思います。

というのは、ネットは情報の宝庫です。昔はネットなんて無かったので、殆どの人は人に聞いたり、本を買ったり、図書館で調べたりしていました。それでも解決しないときは電話をしたり手紙を出したり足を運んだりと苦労して情報収集をしていました。

でも、ネットが使えるという事は、誰でも簡単に情報を集めたり発信することができます。

スポンサーリンク

例え話になりますが

「喪中はがきはどのようなものを使えばいいのか?」と疑問が生じたとします。

そうしたら、ネットでその言葉通りに検索すればいいだけの話なんです。

143

そして検索をクリックすると一覧に結果が出てきます。

144
あとは、上から順に一つずつ記事を読んでいけば必ず答えが見つかります。

「郵便局 喪中はがき 種類」と探せば、郵便局で販売している官製はがきの種類を調べることもできます。

ネット検索はキーワードを入力すると答えが見つかる

ネットを使えない人はこれが解っていない人が多いです。年配の方の多くは「どうやって調べるんですか?」と質問される方が多いです。

基本、人に物を尋ねるときは自分の思った言葉で質問しますよね?ネットもそれと同じです。それでも相手が理解してくれない時は違う言葉を使って尋ねるはずです。ネットだって同じです。

検索結果をじっくり読む

検索結果はたくさん出てくるので「どれですか?」という質問も飛んできます。基本は、本を読むのと一緒で一番上から記事を読みます。なぜなら一番上にくる記事が一番検索されている記事ですから。

日本語で検索して日本語で検索結果が出てるのに、答えが探せないというのは全くナンセンスです。よく解らない英語やフランス語、ドイツ語で書かれているわけではありません。

今記事を書いている私だって、ネットで検索しながら文字を入力しているんですから。

ネットは知識の宝庫

私は勉強が苦手ですが、雑学を知るのが大好きです。知識は財産だと思っているからです。

ネットでは、生活する上での知恵、人とコミュニケーションを取るための情報など、学べることがたくさんあります。一つ知識が増えると充実した気持ちになりませんか?

自己満足かもしれませんが、知識が蓄積されると心が豊かになるような気がします。それは料理だって、歴史だって、芸能ネタだって何でもいいんです。

知識が増えるごとに楽しみもどんどん増えていくのは間違いないです。

「調べる」「考える」「手を動かす」だけで頭の体操にもなります。

まえむきポイント

ネットを使える環境があるならば、ネットを毛嫌いしないでぜひ使い倒してください。難しい操作を覚える必要は無いですが、検索ができるようになるだけで、毎日が充実します。

とても便利なツールを使わないのは勿体ないです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-PC・ネットの基本