雑記

コンビニで見た要領が悪い店員

2017/09/08

41

月末は、公共料金の支払いをするためにコンビニへ行きます。

いつも行くコンビニには外国人の男性店員がいて、今回もその人がレジにいました。

支払用紙を5枚差し出し、料金を払うところまではいいのですが、ハンコを押してから領収証をもらうまでが長い。

たいした時間ではないのですが、1枚の領収証にハンコを押してミシン目を切り離す。それを5回繰り返すんです。

他の店員さんや、よそのコンビニの店員さんは、「5枚の領収証の全てにハンコを押してから、5枚まとめて切り離す」。これが普通なんだけど、彼は先月も今月もノロノロやっている。

先月から成長してないな、この人。

外国人だからなのか、頭が悪いからなのか、やる気がないからなのかは解りませんが、よくそんなアルバイトを採用するなぁと思ってしまいました。人口密度の高い地域だけど、コンビニで働く人が足りないのかもしれません。また、アルバイトなだけに、アドバイスや注意をする教育係がいないんでしょうね。

まえむきポイント

仕事でもプライベートでも、何に対しても創意工夫するのは大切なことだと思います。それによって、頭の回転が速くなったり、時間に余裕ができたりするものです。

私が昔務めていた会社では「プラスワンの発想を持て!!」と、よく社長から言われていました。言われたことを言われた通りにするだけじゃ、自分も会社も発展が望めない。

色々な面において創意工夫するということは、自分の価値を高めること。たとえアルバイトだとしても、それができない場合はクビになると思います。この就職難の時代、働きたい人は山ほどいるんですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-雑記