食器

シンプルで料理が映える九谷焼 九谷青窯の器

2016/12/05

52

NHKのイッピンという番組で、九谷焼の特集をやっていました。

和食器が好きな私は興味津々。この特集で、九谷焼の見方が変わりました。

九谷焼は、九谷五彩(赤・黄・緑・紫・紺青の5色)の絵の具を使った、絵画のようなきらびやかな食器だと思っていたので、「私なんかが恐れ多くて使えないな」と思っていました。

↓↓ こんなの ↓↓

九谷青窯さんの器は違っていました。白をベースとした器は、シンプルながらも九谷五彩を取り入れ、料理と器を絵画のようにしてくれる器でした。

古きものと新しきものの融合で、若い人でも楽しんで使える器になっている。本当に素敵だと思います。

これなら私でも気兼ねなく使えそうな気がしました。何となくほんわりしていて、気合を入れなくても料理が楽しめます。頑張って背伸びしても使えるかな?ってね。

もう一つ親近感を持ったのが、陶芸作家の葛西国太郎さんと徳永遊心さんが北海道生まれ、米満麻子さんが愛知県生まれだという事。伝統を愛する人であれば、出身が関係ないというのもとても素敵です。

石川の伝統であり日本の文化だとしみじみ実感しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-食器