節約料理 ダイエット 作り置き

ダイエットと節約に効果アリ!!手作りなめ茸のすすめ

手作り弁当と規則正しい食生活のおかげで、3kg痩せたにゃんころげです。

最近、えのきだけがダイエットに効果があると聞き、自分でなめ茸を作るようになりました。

スポンサーリンク

えのきだけがダイエットに効果があるって本当?

きのこ類は、食物繊維が豊富で低カロリー。ダイエット食として人気があります。

特に「エノキダケ」の効果はきのこの中でも群を抜いています。それはなぜかというと、「キノコキトサン」という成分が最も多く含まれているキノコだからです。

ダイエットにおけるキノコキトサンの効果とは

  • 体内の余分な脂肪をからめとり、便と共に排出してくれる。
  • 食事で摂取した余分な脂肪が血中に入るのを防いでくれる。
  • きのこの食物繊維と一緒に腸を刺激し、腸のぜん動運動を促すので便秘を解消してくれる。
  • 便秘が解消されると腸内が綺麗になり、代謝が上がって痩せやすくなる。

えのきだけを食べるだけで、こんなに凄いダイエット効果があるんですね。

えのきだけは冷凍するとさらにダイエット効果がアップする

キノコキトサンを多く含むえのきですが、効果的にダイエットするためには凍らせるのが一番です。

それは何故かというと、キノコキトサンは頑丈な細胞壁に囲まれているので、そのまま食べても効率よく吸収することができません。

ダイエット効果を高めるためには、細胞壁を壊してキノコキトサンを体内に吸収しやすくする必要があるんです。

細胞壁は凍ると膨らみ、壁が壊れます。すると、調理時に痩せ成分が外に出やすくなり、より吸収されやすくなります。

なめ茸を手作りしよう

レシピ手作りで節約!!簡単なめ茸

なぜなめ茸?

なめ茸をおすすめする理由は、ストックしておくといつでも手軽に食べられるし、アレンジが簡単だからです。

自宅で冷凍したえのきを使えば、痩せ効果がプラスされます。

手作りなめ茸で食費節約

なめ茸はお店で買うと割高で瓶ゴミが増えます。

ちなみに、今回買ったえのきだけは1袋68円。味付けなんて醬油、みりん、砂糖だけですから、自分で作った方が断然安いんです。

しかも簡単に美味しく作れちゃうんですよ。

誰でもできるなめ茸の簡単な食べ方

小松菜と和えてカルシウム不足を解消

ダイエット中はカロリーが高い乳製品が敬遠されがち。そのため、カルシウムが不足すると骨から取り出して使います。その結果骨粗しょう症に。

小松菜はカルシウムを多く含んでいます。なめ茸とも相性が抜群で、混ぜるだけで美味しく簡単に食べられます。また、足りない栄養も補えるのでダイエットには一石二鳥です。

オクラや大根と和えて

オクラのネバネバで更に血液サラサラに。大根おろしとも相性が抜群なので、美味しく食べられます。

豆腐にそえて冷奴に

豆腐は高タンパク低カロリー。醬油の代わりになめ茸をそえると余分な塩分がカットできます。満腹感も出るのでオススメな組み合わせです。

熱々ご飯に乗せる

朝忙しく、時間が無くても立派なおかずに。食欲が無い日は、お茶漬けでサラサラ食べても美味しいです。

炊き込みご飯に

レシピしめじとなめ茸のシンプル炊き込みご飯

なめ茸で茶碗の中身が嵩増しされると、炭水化物の量が減るのでダイエットの手助けに。

※他にも色々なアレンジが楽しめますので色々試してみて下さいね。

最後に

やせ食材「えのきだけ」を使ったなめ茸は日持ちがし、お弁当や毎日の食卓にも重宝するので、ぜひストックしておきたい食材です。

ダイエットと節約に頑張っている人には、是非なめ茸を手作りをしてほしいと思います。たとえ忙しくても、10分もしないうちに出来上がりますからね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-節約料理, ダイエット, 作り置き