グルメ

ヤマザキビスケットの「Levain(ルヴァン)」はリッツと同じ?

2017/09/08

777

以前、ヨークマートでリッツと一緒に箱積みしてあったヤマザキビスケットの「ルヴァン」。最寄りのスーパーでは、まだ置いていないお店もあるんですよね。もしかしたら千葉県内のスーパーでは、旧リッツの在庫を抱えているお店が多いのかもしれません。

たまたま立ち寄ったディスカウントストア「トライアル」では、手ごろな値段で売っていました。なので迷わず買い物かごへイン。

778

今回買ったのは、小さい箱(13枚×3パック)のタイプです。1パック254kcalとまずまずのボリュームです。1本は昨日のうちに、主人によって食べられてしまいました。

779

袋を開けてみると、写真と同じ四角いクラッカーがお目見えしました。形は違えど、持った感じはリッツと同じです。

食べた味は?というと、ほのかな甘みと塩味のバランスといい、サクサク感といい、旧リッツと違いは感じられませんでした。

ということは、リッツを買わなくても美味しいクラッカーが食べられるということですね。

ちなみに、新旧リッツとルヴァンは材料がちょっと違っています。

  • 新リッツ 小麦粉・大豆
  • 旧リッツ 小麦粉
  • ルヴァン 小麦粉・ライ麦

なので、違いが分かる人には味の違いがわかります。

参考:ハレルヤ「新旧リッツとルヴァン3種類食べ比べてみた!正直言って旧リッツがまだ恋しい

ヤマザキビスケットさんでは、旧リッツのノウハウを取り入れつつ、新しい味を見出し、形を四角くすることで、新リッツとの差別化を図ったのだと思います。実際の味も十分美味しく感じられました。

ちょっとショックだったのが、新リッツの原産国が「インドネシア」ということ。そして、旧リッツは在庫が無くなると食べられなくなる。何とも寂しい気持ちになります。

私の予想では、これからはリッツよりもルヴァンの売り上げの方が伸びるような気がします。

そんな私も、クラッカーを食べるならリッツよりもルヴァンかな?と思う一人なのでありました。

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-グルメ