美容と健康

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかく 本当に朝水を飲むのが身体にいいの?

2016/11/28

574

人間は寝ている間に約200mlの汗をかくと言われています。

なので、起きると体内の水分が少なくなり、血液がドロドロになり脳梗塞になる確率も高くなります。血液をサラサラにするためにも朝のコップ1杯の水は身体にいいんです。

でもね、冷たい水を飲めばいいという訳ではありません。

我が家の義父は、朝の水分補給のために500mlのペットボトルに水を入れて常時冷蔵庫で冷やしています。それを朝イチで飲むのだそうです。確かに、朝の水分補給という点では理にかなっていますが、冷たい水を飲めばいいというものではありません。

なぜ冷水が悪いのかというと

  • 身体が冷えて身体の動きが鈍くなる
  • 腸が冷えて消化が悪くなる
  • 新陳代謝が悪くなる

からなんです。

特に、寒い冬の日に朝から冷たい水を飲むという事は、わざわざ身体を冷やしているのと同じ。せっかく水分補給しているのに逆効果な飲み方です。

身体が冷えると風邪をひきやすくなり、新陳代謝が悪くなると生活習慣病(成人病)を促進することになります。

まえむきポイント

起床後のコップ1杯の水分補給は身体にいいというのは本当。

しかし、水の温度は冷蔵庫でキンキンに冷やしたものではなく、常温の水かお湯(またはぬるめのお湯)を飲むように心がけましょう。

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-美容と健康