グルメ

北海道の秋の幸といえば鮭「イクラ丼とちゃんちゃん焼き」

2017/09/08

815

実家の母から、「イクラの醤油漬け」「秋鮭の切り身」「海老」が送られてきました。

本当は、鮭の親子丼を作る予定だったのですが、主人のリクエストで「イクラ丼」と「ちゃんちゃん焼き」に変更です。

スポンサーリンク

ちゃんちゃん焼きは漁師飯

道産子の私ですが、ちゃんちゃん焼きを作ったことがありません。というのも、ちゃんちゃん焼きは「漁師飯」なので、内陸農村に住んでいる我が家では食べたことがありませんでした。

初めてちゃんちゃん焼きを知ったのは、社会人になってから。会社の寮に乙部町出身の後輩がいて、そこで初めてごちそうになったのが出会いでした。

実家で良く食べるのは石狩鍋か三平汁。なので、ちゃんちゃん焼きはその時1度しか食べたことがないんですよ。

参考にしたレシピ

じゃがいもとさけのフライパンちゃんちゃん焼き

牛乳とチーズを使ったちょっと変わったちゃんちゃん焼きですが、私はこの2つは使わず、牛乳をみりんに変えて味付けしました。

使った具材は、生鮭、キャベツ、えのきだけ、しめじ、じゃがいも。蒸し焼きしたキャベツに残ったシャキシャキ感と、秋鮭のふっくら感がたまらなく美味しかったです。

ちゃんちゃん焼きのポイント

鮭は、塩鮭は使わないでください。身が厚い生鮭を使うことによって、身がふっくらとして味噌の味がほど良く浸み込みます。

鉄板やホットプレートを使って、大勢で食べるとさらに美味しさが増しますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-グルメ