生活術

去年のムートンブーツがカビて使えなくなった。その理由と長持ちさせるお手入れ方法を調べてみた

2017/02/02

今年も寒くなってきたし、さあムートンブーツを履こう!!とブーツを取り出してみると、カビに侵されていました。あまりにひどい状態だったので、泣く泣く処分してしまいました。

風通しが良い場所に置いてあったはずなのになぜ?千葉は他の地域より湿気が多いの?

カビずに去年のムートンを履いている人はたくさんいるのに、私のムートンはカビた。

もしかしたら私のお手入れと保管方法に落ち度があったのでは?

そこで、カビずに毎年履けるお手入れ方法を探ってみました。

スポンサーリンク

カビた時の保管状況

  • 玄関に置いておいたが、風通しがいいように下駄箱には入れなかった
  • 雨の日は履いていない
  • ブーツを保管する前に洗濯はしていない

カビた原因

  • 玄関が北東にあり、換気が悪く湿気が多い
  • 汚れやほこりを落とさずにそのまま放置
  • こまめな乾燥をしていなかった

用意すべきお手入れグッズ

靴用ブラシ 防水スプレー 防臭スプレー カビ防止スプレー 防乾燥剤
コロンブス ジャーマンブラシ コロンブス アメダス コロンブス オドクリーン コロンブス カビ用ミスト 除湿用 シダーボール

※その他に、型崩れ防止のためにシューキーパーがあると便利です。

シーズン中のお手入れ方法

ムートンブーツを履く場合、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?

シーズン中のお手入れ方法を紹介します。

1.初めて履くとき

必ず防水スプレーをかけましょう。ブーツの汚れを防いでくれます。

2.履いたら必ずブラッシングする

ムートンは、ほこりが付きやすいので、毛並みに沿って柔らかいブラシで汚れを落とします。履いた日の最後は優しくブラッシングしてあげましょう。

3.雨水が浸透した場合

ムートンは、水分を含んだ状態で放置すると、カビとシミの原因になります。濡れた部分を優しく丁寧にふき取り、しっかりと乾かします。

本当は、雨の日に履かないのがベストです。

4.履いたら次の日は休ませる

ムートンブーツは、1日履いたら次の日は違う靴を履くようにしましょう。休ませている間は、日陰で風通しの良い場所に保管し、乾かしておきます。中に除湿乾燥剤を入れておくのがベストです。

5.防臭スプレーをしましょう

ムートンブーツは温かくて気持ちがいいですが、長時間履いていると熱がこもり湿気が増えます。湿気があると菌が増えて、臭いの原因になります。時々、防臭スプレーをしてあげることも忘れないで下さい。

ストッキングや生足よりも、靴下を履いてからブーツを履く方が臭いを抑えられます。

シーズンオフのお手入れ

ムートンブーツをしまう時に気を付けたい点を紹介します。

1.ブーツを乾かす

日陰で風通しがいい場所で、湿気を十分乾かします。

2.カビ用ミストとでカビ予防

ムートンを十分乾かした後、ブラッシングでほこりを落とします(カビが付いている場合は、硬く絞った濡れタオルで優しくふき取っておきましょう)。ブーツにカビ用ミストを吹きかけ、再びブーツを乾かします。

3.除湿乾燥剤を入れる

ブーツに湿気がこもらないように、除湿乾燥剤を入れましょう。使いきりのものより、天日干しで何度も使えるタイプがおススメです。

4.オフシーズンでも時々日陰干しする

ブーツをしまいこんでおくと、季節によって(特に梅雨時期)は、湿気を吸い込みムートンがカビます。時々下駄箱から出し、日陰の風通しがいい場所で乾燥させましょう。

5.シューキーパーを利用する

型崩れが気になる場合は、シューキーパーを利用しましょう。

カビた場合のお手入れ

どうしてもカビが付いてしまった場合は、以下の手順を試みて下さい。

  1. 硬く絞った濡れタオルで優しくふき取る
  2. 日陰の風通しがいい場所で乾かす
  3. カビ防止スプレーをして再び乾かす
まえむきポイント

いかがでしたでしょうか。

ムートンって暖かくて便利だけど、意外と手間がかかるんだと思いました。でも、せっかく買ったお気に入りのブーツが履けなくなるのは残念ですよね。

ブーツを長持ちさせるために、頑張ってお手入れして下さいね。

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-生活術