作り置き

大根は冷凍できる?保存方法を工夫して調理時間を短縮しよう

2017/02/19

義父が、葉っぱ付きの大根を2本もらってきまして、頑張って下ごしらえしました。大根の葉を捨てる人も多いですが、栄養があるので捨てるのは勿体ないですよ。

スポンサーリンク

大根の葉は茹でて細かく切って冷凍保存

大根の葉は、鉄分・ビタミンC・カルシウムがたっぷり含まれているので、貧血や骨粗しょう症防止、美肌に効果があります。

しかし、シュウ酸含有量が多いので、結石の方が食べる場合は茹でてアクを抜き、少量にしましょう。

下ごしらえ

  1. 葉を洗い、少量の塩を入れたお湯でサッと茹でます。
  2. 冷水にさらし、水を絞ったら細かく刻みます。
  3. フリーザーパックに入れて冷凍します。

食べ方

味噌汁、炒飯、卵とじ、ふりかけなど。凍ったまま調理できるので便利です。

ちなみに今回は冷凍せず、醬油・砂糖・みりん・日本酒・鰹節でふりかけにしました。ごまを入れるとさらに美味しいです。

大根の半月切り(または輪切り)は冷凍保存

大根は冷凍保存をオススメします。というのは、大根は柔らかくなるまでとても時間がかかります。煮物にする場合は下茹でが必要なので調理が面倒。

しかし、冷凍保存をしておけば火の通りが早くなるので、下茹でが必要なくなり、調理時間が短短くなります。

切ったものを凍ったまま使えるので、便利です。

下ごしらえ

  1. 大根の皮を剥きます。
  2. 1cmほどの厚さに切り、面取りをします。
  3. 表面に包丁で×印を入れ、味の浸み込みを良くしておきます。
  4. フリーザーパックに並べて入れて冷凍します。

食べ方

おでん・煮物・ふろふき大根など。煮物の場合、炊飯器の予約機能を使うと便利です。ほったらかした状態で出来上がります。

大根のいちょう切り

大根のいちょう切りは、冷凍しておくことで茹で時間が短くなり、味噌汁の出来上がりが早くなります。

下ごしらえ

  1. 大根の皮を剥きます。
  2. いちょう切りにします。
  3. フリーザーパックに入れて冷凍します。

食べ方

味噌汁・豚汁・炒め物など。

注意すること

大根は冷凍すると生で食べられないので、サラダには向きません。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-作り置き