グルメ

山梨土産なら絶対これ!!「桔梗信玄餅」

2017/09/08

791

毎年7月になると、義父は山梨まで桃を買いに行きます。その時に桃と一緒に買ってきてくれるのが、桔梗信玄餅です。

なかなか食べにくいお餅ではありますが、とても美味しいんですよ。

792

信玄餅はひとつひとつ丁寧に、ビニールの風呂敷に包まれています。これは、工場の職人さんたちが心を込めて手作業で包んでいるんですよ。

風呂敷から信玄餅を取り出すと、きな粉をたっぷりまぶした餅と、醬油の入れ物に入った黒蜜が別々に入っています。お餅の量に比べて黒蜜が多いのではないかと、いつも思います。

793

信玄餅はパックにびっちりと入っているので、そのまま黒蜜をかけるとあふれてしまいます。

そこで、食べ方に工夫が必要なのですが、食べ方にも色々あります。

  • お餅を1個取り出したところに黒蜜を入れ、お餅を戻して食べる
  • お餅を風呂敷にあけて、黒蜜をかけて食べる
  • 蓋を開けたらダイレクトに黒蜜をかけて食べる

どの方法で食べても、香ばしいきな粉が溢れてしまうので、この風呂敷が必要となるわけです。うまくできていますね。

お餅を先にきな粉でコーティングしているので、黒蜜がなかなか染み込まないのが残念なところです。うっかりすると、きな粉と黒蜜が小さなダンゴ状になることも。

お餅 → 黒蜜 → きな粉

の順で味を付けて行った方がさらに美味しく感じると思うのですが。

そんな食べにくさもありますが、黒蜜がかかる分、普通の安倍川餅より高級感が溢れます。そしてとても美味しいです。パックが小さいので、必ず1度に2パック食べます。

山梨に遊びに行った際は、ぜひお土産で買ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-グルメ