キッチンツール

急須の蓋の穴ってなぜあるの?役割と正しい向き知ってる?

みなさんは、急須に穴が開いている理由って知っていますか?また、お茶を美味しく飲むための穴の位置というのもあるんですよ。

お茶を美味しく飲むためにぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

急須の蓋に穴が開いているのはどうして?

急須の蓋に穴が開いている理由は、急須の注ぎ口からお茶をスムーズに注ぐためです。

蓋に穴が開いていると急須に空気が入り、お茶が出やすくなります。逆に穴が無いと注ぎ口から空気が入るため、お茶を注ぐ流れが止まり、出が悪くなります。

実は、醬油さしに穴が開いているのもそのためです。

穴を手で塞いで注ぐと醤油が出てきませんよね?

だから急須にも醤油さしにも穴が開いているんですよ。

蓋の穴は、「お茶をスムーズに注ぐための空気穴」という訳なんですね。

急須の穴の正しい位置

急須でお茶を淹れる時、穴の向きを気にしていない人も案外多いのではないでしょうか?

注ぎ口と穴の方向を同じにする

というのが正解です。

なぜかというと、急須内部のお湯がグルグル回り、茶葉が広がりやすくなります。急須内部に空気が入りやすいのもこの位置なんです。

ちなみに、穴の向きが違うと茶葉の広がりが悪くなり、味に違いも出てきます。

蓋と本体の絵柄を合わせて使うタイプは、このように必ず穴が注ぎ口の方向にあるんですよ。

参考九谷焼 ティーポット 急須 白い食器 赤絵花文 茶漉し付き お茶 紅茶 和食器 食器 日本製

最後に

急須の蓋の穴には、ちゃんとした役割があったんですね。

せっかく買った美味しいお茶。風味を損なわず飲むために、穴の位置を意識して淹れてみて下さいね。

なんだか美味しいお茶と一緒に、餅入り最中を食べたくなっちゃいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-キッチンツール