雑記

日本にしかない「いただきます」という言葉の意味を知る

2017/09/08

342

先日、NHKのラジオで聞いた子供の作文の話です。

日本に住んでいるハーフ(多分)の男の子だと思うのですが、「いただきます」という言葉について、すごく良い事を書いていました。

スポンサーリンク

「いただきます」は日本にしかない言葉

実は、ご飯を食べる前に「いただきます」というのは、日本人だけなのだそうです。

外国の人は、何も言わずに食べ始めるか、お祈りをしてから食べるそうです。なので、その男の子が友達の家に行ったとき、どのタイミングでご飯を食べていいかわからなかったそうです。

おばあちゃんが教えてくれた「いただきます」の意味

「頂きます」とは「私の命のために動植物の命を頂きます」という意味なのだそうです。

料理を作ってくれた人への感謝の気持ちではなく、私を生かしてくれるための動植物への感謝の気持ちだったのですね。

友達の家で「いただきます」を言ってみた

その男の子は、友達の家で「いただきます」と言ってご飯を食べたそうです。不思議に思った友達家族が、その言葉の意味を男の子に聞きました。

本当の意味を説明すると「とても素晴らしい」と褒めてくれました。

「いただきます」が世界中に広がるといい

男の子は、「いただきます」の意味を知ると、この言葉が世界中に広がるといいと思ったそうです。

まえむきポイント

食べる前の「いただきます」は当たり前で、言葉の意味なんて考えたことが無かったですが、とても素敵な言葉だったのですね。日本人で良かったと思います。

この男の子の様な人がたくさん増えて、「いただきます」がたくさん普及すると、とても素晴らしいことだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-雑記