お菓子

日本人で良かった!!春を感じる日本の和菓子

2017/03/28

366

そろそろ日差しが春っぽくなってきましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

そんな季節に春を先取りする中村屋の和菓子「桜餅」「草餅」をいただきました。

桜餅は関東風の長命寺と、関西風の道明寺の2種類です。

小麦粉をクレープ状に焼いて餡を包んだものが長命寺、道明寺粉で餡を包んだものが道明寺です。ちなみに道明寺粉は粉ではなく、もち米を乾燥させて粗挽きしたものなので、もち米の粒つぶ感があります。

ちなみに、地元北海道の桜餅は殆どが道明寺です。私の祖先は紀州出身なので、関西の文化も混ざっているのかな?と思います。

なので、初めて長命寺の桜餅を食べた時はなんだか新鮮な感じがしました。でも、モチモチしていないのに桜餅っていう名前が付いているのも面白いですね。

私としては食べなれた「道明寺」の方が好みです。

桜餅の桃色と草餅の緑が春を感じさせてくれるので、さらに美味しく感じます。四季がある日本ならではの習慣はとても素敵ですね。

2月は寒いですが、なんだか心がポカポカしました。

昔はひな祭りになると、実家の母が桜餅を作ってくれたものですが、桜の葉ってなかなか手に入らないんですよね。

手作り派にオススメの塩漬け桜の葉はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-お菓子