グルメ

日本酒に合う人気の北海道土産「サーモン昆布重ね巻」の食べ方

2017/09/08

726

北海道土産の「サーモン昆布重ね巻」をいただきました。内地の人(←本州に住んでる人)には、知られていない海産物かもしれません。海岸沿いや土産物店、空港で売っている、とても美味しいお土産なんですよ。

実は、道産子の私でも食べるのはまだ3回目なんですよ。

スポンサーリンク

サーモン昆布重ね巻とは

727

トラウトサーモンと北海道産昆布をミルフィーユ状に重ねて、醤油や砂糖で柔らかく煮込んだ食べ物です。サーモンは身だけはなく、骨も一緒に挟んであります。

骨も?と思うかもしれませんが、とても柔らかく煮込んであるので、昆布はとろとろ、身も骨も柔らかく残さず食べることができます。骨は、サバの缶詰と同じくらい柔らかいので、歯が悪い方でも安心して食べられます。

サーモンの脂と昆布の旨味が絶妙で、味付けに使われている醤油、ビート糖、白ザラ糖のバランスがとても良く、正月の昆布巻きよりもかなり美味しい味わいです。

※ビート糖とは、甜菜(テンサイ)と呼ばれる砂糖の原料の一種です。

お土産に人気の理由

  • 北海道名産の鮭と昆布を使っていて北海道が感じられるから。
  • 海産物なのに常温で保存ができ、かさばらず持ち運びが便利だから。
  • 真空パック入りで賞味期限が長いから。
  • 味が良く、柔らかくて食べやすいので、若い方から年輩の方まで食べられるから。
  • 北海道でしか食べられないから。

サーモン昆布重ね巻の食べ方

728

とても柔らかいので、切る面を間違えると重ね巻がボロボロになっていしまいます。

切るときは、裏側の昆布の方から包丁を入れて下さい。そうすると、綺麗に切り分けることができます。

食べ方は、「切り分けたらそのまま食べる」。それが一番おいしい食べ方です。

ただし、綺麗に切ること。見た目が良くないとがっかりです。

お酒はビールより日本酒で、熱々ご飯のお供や、お正月の昆布巻きの代わりにするのがベスト。

北海道の海産物を食べるときは、余計な加工をしないで素材を楽しむ。なので、

サーモン昆布重ね巻は、重ね巻のままで食べて下さい

まえむきポイント

私がいただいたのは、ユートピア知床の重ね巻でしたが、手に入りやすいのが礼文島の「島の人」の重ね巻です。新千歳空港にもショップがあるほど人気なんですよ。どちらのブランドもとても美味しかったです。

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-グルメ