節約料理

春の旬「スナップエンドウ」の食べ方と栄養

春野菜「スナップエンドウ」をおすそ分けしていただきました。

エンドウ系の豆はあまり得意ではないのですが、旬の食材は美味しいので、今回は卵とじ。塩こしょうで味を付け、彩りにケチャップをかけました。

スポンサーリンク

スナップエンドウとは

1970年代にアメリカから輸入された品種です。当時はスナックエンドウと呼ばれていましたが、1983年に農林水産省によって「スナップエンドウ」と呼ぶことが推奨されました。

グリーンピースの改良品種であるスナップエンドウは、豆が大きくなってもサヤ硬くならず、パリッとしていて甘味が強く、サラダや炒め物に良く合います。

スナップエンドウの茹で方

スナップエンドウは下茹でしてから調理します。

筋を取り除き、エンドウがかぶるくらいのお湯で茹でます。このとき、塩をひとつまみほど入れます。2分ほど経ったら火を止め、冷水で粗熱を取ります。

あまり茹ですぎると、せっかくのパリパリ感が無くなるので要注意です。

スナップエンドウの食べ方

ベーコンソテー、ゆで卵のサラダ、ツナのサラダ、卵とじ、豚肉巻き、エビの中華炒め、ごま和え、味噌汁など。

茹でておけば、手軽に調理できるのも特徴です。

もちろん、マヨネーズをかけてそのまま食べるのも美味しいですよ。

スナップエンドウの栄養

β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどを含み、栄養バランスがいいです。

さやごと食べるので、食物繊維も豊富です。ビタミンCは熱に弱いので、加熱を極力短くし、シャキシャキ感を楽しみましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

少し苦手なスナップエンドウも、食べ方次第でとても美味しくなります。身体に必要な栄養も摂れるので、春の季節に1度は食べてみて下さいね。

参考こちらの記事も読まれています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-節約料理