雑記

暑中見舞いと残暑見舞い いつ出せばいいの?

2017/09/08

100

暑中見舞いを作りました。

手書き風の可愛い絵ハガキが作れるサイトを見つけたので、今年はこのデザインに決まりです。写真素材もいいですが、絵の具や色鉛筆で描いた色合いのものは優しさがあってほんわかします。

でもこのシーズン、暑中見舞いと残暑見舞いがありますが、どのタイミングで出せばいいのかな?

スポンサーリンク

暑中見舞いを出す時期

暑さがだんだん強くなる小署(7/7)~立秋前日(8/7)頃までです。

そのなかでも最も暑さが厳しいのが、夏の土用にあたる7/20~8/7頃。この18日間は「暑中」と呼ばれています。この期間に出してもいいでしょう。

残暑見舞いを出す時期

立秋(8/8)~処暑(8/23)頃までです。

暦の上では、立秋が秋の始まり。立秋以降の暑さを残暑と言います。

暑中見舞いを出すタイミングを逃した人は、残暑見舞いとしてハガキを出してくださいね。

 

私が使ったハガキ素材のサイト⇒さきちん絵葉書

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-雑記