生活術

毎日のコーヒー代が半額?安く美味しくいつでも飲める方法とは

私、節約のために、缶コーヒーをやめてドリップコーヒーを飲みはじめました。

通ではないので、安い豆なんですけど。

最近飲んでいるのはベイシアのヨーロピアンブレンド。400g入りで298円です。結構濃いので、1杯分のコーヒーで2杯淹れています。

 

ちなみに普段は、ガラスのティーポットにドリッパーとペーパーフィルターを乗せてコーヒーを落とし、冷蔵庫で冷やして飲んでいます。

この方法、夏はいいけど、冬はねぇ。

ホットの場合、飲みたい時にお湯を沸かして飲めばいいんじゃない?と、いわれてしまうとぐうの音も出ないのですが、やっぱり外出先でも飲みたくなるんですよ。でも、そのたびに缶コーヒーを買っていたら、節約どころか余計な出費になります。

また、1度にまとめて作っておけば、ペーパーフィルターも節約できます。

そして何より、缶コーヒーを飲まなければ資源ごみが減り、エコ。地球に優しい生活ができます。

そこで、コーヒーを温かいまま持ち歩ける便利なグッズがないかな?と、探していたらいいモノを見つけちゃいました。

そう、ステンレスボトルです。

「何を今さら?」と思うかもしれませんが、私が見つけたのは普通の水筒ではないんです。

コーヒー専用のステンレスボトルなんです。

スポンサーリンク

パール金属 カフェマグバリスタ 軽量マグボトル 500ml

コーヒーに特化した携帯用のスリムボトルです。

もちろん、保温だけでなく保冷でも使えます。

このマグボトルの何がいいかというと、

  • 縁がプラスチック製で口につけても火傷をしない
  • 氷ストッパー付きで飲みやすい
  • ボトル上でドリップできる
  • 保温・保冷効果が抜群
  • 洗いやすい
  • コーヒー以外も使える

というところなんです。

しかも、先に熱湯で温めておけば、夕方まで熱々で飲めるんですよ。

↓↓ その秘密はコレ ↓↓

これはスゴイ

缶コーヒーをドリップコーヒーにするとこんなに節約

私の場合なのですが、

缶コーヒー(1本) 70 円 × 30日 = 2,100円

ドリップコーヒー(2杯) 30円 × 30日 = 900円

とすると、1ヶ月1,200円の節約

差額2か月分もあれば、マグボトル買えちゃいます。

これはマグボトルを買って、ドリップコーヒーを飲む以外に選択肢はありません。

もう少し高い豆を飲んだって安い。スタバ・ドトール・サンマルク・コメダ?何それ?って感じです。

最後に

コーヒーを淹れる回数が減り、持ち歩きができるだけでなく、なおかつ節約ができるって、なんて素敵!!

缶コーヒーのように机でうっかりこぼすこともなくなり、外出時だけでなくデスクワークでも大活躍です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-生活術