節約料理

火を使わない夏の料理「大豆の水煮とじゃがいのも煮っころがし」

2016/11/16

暑い夏は、キッチンで料理するのが苦痛です。我が家は築約40年のほぼ古民家。夏は暑いし冬は寒い・・・。

火を使わない料理ということで、ほったらかして出来上がる炊飯器料理にチャレンジしました。

今日は、とりあえず2品。

  • 大豆の水煮
  • じゃがいもの煮っ転がし

スポンサーリンク

大豆の水煮

794

前日の夜に予約しておきました。大豆150gに対して、水は白米の2.5合の目盛りまで入れました。7時にセットしておいたのに、なぜか7時半頃に出来上がりました。

炊き上がりは、圧力鍋と同じくらいの柔らかさです。炊飯器ってスゴイ!!

でも、水が多かったのか、結構大量の水が炊飯器から溢れていました。

じゃがいもの煮っころがし

795

じゃがいも、醬油、日本酒、みりん、砂糖、だしの素、水を入れてスイッチオン。煮っころがしの水分はひたひたの1合の目盛りまでです。

炊き上がりは、ちょうどいい具合に水分が無くなってホックホク。煮崩れもありません。味もよく染み込んでいます。

これなら、塩味で炊いたら面倒なポテトサラダも簡単に作れそうです。

まえむきポイント

3合炊きの場合、具と水分のバランスが悪いと吹きこぼれるみたいです(2合の米を3合の水で間違って炊いたら吹きこぼれたので・・・)。

水加減はひたひた位がちょうどいいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-節約料理