お菓子

珍しいけど食べたくなる全国のおいしい最中のまとめ

2017/03/28

最近、最中にハマっていまして、見ていると楽しくなる面白い最中を探してみました。なおかつ美味しいものばかりですので、贈り物にすると大変喜ばれること間違いなしです。

スポンサーリンク

【北海道・札幌餅の美好屋】クマの形をした最中セット

kumamonaka

札幌餅の美好屋「クマの形をした最中セット」

クマのコロちゃんと、ごはんが入った最中のセットです。

コロちゃんは最中の皮で、ごはんは粒あんと栗あんの2種類です。木べらであんこを詰め込んでパクッと食べるのがクマちゃん流。お好みできな粉をかけてどうぞ。

あまりに可愛くて、思いっきり食べられないかも?

【静岡県・小戸橋製菓 】猪最中

inoshishi

小戸橋製菓「猪最中」

猪は幸運の子豚?イタリア・フィレンツェに伝わる幸運の子豚をモチーフにした猪最中です。なんでも、鼻を撫でると幸運がもたらされるとか。

イノシシ像をモチーフとして作られているので、多少いかつい感じがしますが、そこはご愛敬。中にたっぷりと入った粒あんは、北海道十勝産小豆と信州産天然糸寒天が使われています。

5時間もかけて丁寧に練ったあんこを食べると幸せな気分になります。

【千葉県・なごみの米屋】ぴーなっつ最中

peanuts

なごみの米屋「ぴーなっつ最中」

千葉名産のピーナツあんが入った落花生の形をした最中。1個が小さいと思われがちですが、食べると結構ボリュームがあります。

個包装の袋には、ピーナッツぼうや?のイラストが描かれていますが、たまに幸せのクローバーを持ったレアな奴もいるんですよ。

ピーナッツあんは小豆あんと違った美味しさがあります。

【青森県・旭松堂】バナナ最中

banana

旭松堂「バナナ最中」

「ズームイン!!SUPER」「秘密のケンミンSHOW」で紹介された、弘前名物バナナ最中。

でも、りんごじゃなくてなぜゆえバナナ?実は、バナナが高級だった昭和の初期に、作られているんです。今では小豆の方が高級ですけどね。

昔懐かしい味がする青森の最中です。

【奈良県・中川政七商店】富士山もなか

fujisan

中川政七商店「富士山もなか」

一口サイズの可愛らしい最中です。富士山なんだけど、おにぎりのようにも見えます。富士山の上を夫婦鶴が飛ぶという、優雅で縁起がいい絵柄ですね。

この最中はあんこが別袋になっていて、袋から絞り出して詰めていきます。皮はパリパリあんこはしっとり。

夫婦円満の贈り物として大変人気があります。デザインの良さはさすが中川政七商店さんです。

【熊本県・彦一製菓】彦一もなか

hikoichi

彦一製菓「彦一もなか」

お猿さんのようにも見えるコロコロ最中、とても可愛いでしょ?この形、熊本県八代地方に伝わる彦一とんち話の「彦一」をかたどっています。どことなく愛嬌があって、みんなに愛されているキャラなのかと思います。

パリパリの皮の中には、北海道産小豆と大手亡豆のあんこがぎっしりと詰まっています。

いくら美味しくても、頭からガブリと食べるのはなんだか可哀想そうになっちゃいます。

まえむきポイント

いかがでしたでしょうか?

日本全国には面白い最中がたくさんあるものですね。これは!!と思うものがあったら、ぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-お菓子