その他

甘くて少しほろ苦いみかんの皮のピールにはこんな効果が隠されていた

2016/11/27

622

今日、久々にみかんの皮のピールをいただきました。

好きな人は好きなようですが、あの皮の苦さが苦手です。でもね、Tさんが作るみかんの皮のピールはとても上手なんです。なので、苦手な私でも食べれます。

Tさんは「捨てるのが勿体ないから作る」と言っていたのですが、勿体ないのは皮ではなく、みかんに含まれている栄養価。ではなぜ皮を捨てるのが勿体ないのでしょうか?

みかんの皮といっても2種類あります。そう、「薄皮」と「(オレンジ色の)外皮」です。この2つの皮にはこんな栄養が含まれているます。

スポンサーリンク

薄皮の栄養と効能

薄皮にはビタミンPがたっぷり含まれています。

みかんの実は水分が多いので身体を冷やす食べ物ですが、薄皮に含まれるビタミンPは身体をポカポカに温める働きをします。ちなみに、実より薄皮の方がビタミンPの量が多いんです。

ビタミンPの効果

  • コレステロール値を下げる
  • 毛細血管の強化
  • ビタミンCを守る
  • アレルギーに強くなる

冷え性だけじゃなく、ダイエット中や健康診断で生活習慣病(成人病)予備軍と言われた人にはぜひ食べていただきたい部分と言えますね。

外皮の栄養と効能

外皮の部分は、薄皮の栄養よりも3倍パワーアップします。薄皮と外皮を比較すると、外皮の脂肪分解能力は薄皮の3倍。コレステロールが気になる人は、薄皮だけではなく外皮も一緒に食べると効果が出ます。

みかんの皮のオススメの食べ方

みかんの皮に栄養があるといっても、さすがに皮だけを食べるのは抵抗がありますよね。

そんな時は、みかんピールやマーマレードがオススメです。パンを食べるときはイチゴジャムよりもマーマレードの方がいいかもしれません。

ただし、両方とも砂糖をたっぷり使うので、食べ過ぎはほどほどに。

マーマレードを使ったこんな料理もあります

Cpicon 圧力鍋でほろほろ♡鶏肉のマーマレード煮 by 渦月うさぎ

Cpicon ポークソテー❤マーマレードソース by kahoo

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-その他