果物

秋の旬「ぶどう」に注目。美味しいのにダイエット効果が高いって知ってた?

2017/03/27

686

今日、差し入れで甘いぶどう「ピオーネ」をいただきました。秋って食べ物が美味しいから、ついつい食べちゃう。しかも気候も涼しいから食欲が増すんですよね。

ぶどうの旬は秋だけど、食べても太らないのかな?かなり心配です。そこで、ピオーネについて調べてみました。

スポンサーリンク

ピオーネの誕生と特徴

1957年に静岡県で誕生した黒ぶどうの一種です。静岡県の井川秀雄氏が、「巨峰とカノンホールマスカット」を交配して作った日本生まれです。

皮が紫色で粒が大きく、特に大きいものは1粒20gほどの大きさのものもあります。

甘みが強く、マスカットのように程よい酸味があるのが特徴です。皮が硬くて剥きにくいですが、種が無いので食べやすいです。

ピオーネという名前のは、イタリア語で開拓者を意味しているんですよ。

ピオーネの気になるカロリーと栄養

100gのカロリーは約60kcal。意外とヘルシーですね。水分が多いので、結構お腹が膨れます。

ぶどうに含まれるレスベラトールが、メタボの予防に効果があると言われています。実はこのレスベラトールは、脂肪の蓄積を減少してくれるという、ダイエットにはありがたい栄養素です。ダイエットサプリにも配合されることもあります。

また、ぶどうに含まれるタンニンも脂肪を燃焼しやすくします。

たくさん食べると太りますが、上手に食べるとダイエット効果大と言えます。

ダイエット効果がアップする食べ方

朝に食べる

朝にぶどうを食べると、ビタミンやミネラル、酵素などの栄養の吸収力がアップし、朝に食べることで、糖質が体に蓄積されるのを防ぎます。

皮ごと食べる

美容や健康にいいポリフェノールや、ビタミン、ミネラルは皮や皮に近い部分に多く含まれています。なので、皮ごと食べたほうがダイエット効果がアップします。

食べ過ぎは良くありませんが、秋はぶどうが美味しい季節。ぜひ毎年食べたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-果物