節約料理

簡単節約今日の晩ごはん「豚丼と多分デストロイヤーのポトフ」

2016/11/30

76

先週特売で買った豚バラスライスを使った簡単豚丼と、身体温まるポトフです。

和食だったら汁物は味噌汁かお吸い物だけど、今回はポトフ。自分でもちょっと笑っちゃうわ~。

なぜポトフにしたかというと、昨日のお鍋で使ったキャベツが残っていたから。じゃあ、味噌汁でいいんじゃない?という所だけど、北海道のじゃが芋が冷蔵庫にたくさんあって、ウインナーもあったし火にかけておけば出来上がるポトフは作るのが楽だしねぇ。

煮込んでほったらかしにしている間にもう1品できるのがポトフの魅力。味噌汁よりも塩分が少なそうだし。また、野菜の甘味が出て美味しいのよね。

じゃが芋の種類が(多分)デストロイヤーだったので、煮崩れせずにホクホク。当たりです。

紫っぽい色をした不思議なじゃが芋です。目の部分が赤いんですよ。↓↓↓

77

私が何故、(多分)デストロイヤーと言っているのかというと、北海道から送ってくれたじゃがいもが5種類くらい入っていて、名前が解らなかったんです。ネットで調べたら多分デストロイヤーだろうという事で。

私が北海道に住んでいた10年前は、じゃが芋の種類なんて「男爵」「メークイン」「北あかり」しか無かったような気がします。じゃが芋も種類によって味や特徴が違うので面白いですね。

まえむきポイント
じゃが芋「デストロイヤー」について

正式名称は「グラウンド・ペチカ」と言います。長崎県で開発・登録されたじゃが芋です。品種登録されたのは2000年なので、比較的新しい品種です。レッドムーンの変異株から作られたそうですよ。

じゃが芋とさつま芋を掛け合わせたような色合いで、皮が紫色、目が赤色をしています。何となくマスクをかぶったようですね。

深みのあるコクと味わい、粘りある肉質は栄養価が高く、甘味が強いです。サツマイモ+栗+じゃがいものような食感と味です。火が通りやすく、よく味がしみ煮崩れしないのが特徴です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-節約料理