通販お得情報

足が冷たくて眠れない!!朝まで足がポカポカ。ぐっすり眠れる靴下ってどんなもの?

冬は当然寒いもの。12月も下旬になると、寒さがさらに厳しくなります。この季節、何が一番つらいかと言うと、何といっても足の冷えです。

厚手の靴下をはいても足はずっと冷たいままだし、朝までぐっすり眠ることができません。

冬の布団は入ってすぐは冷たく、さらに冷えに拍車をかけます。朝までストーブをつけておこうかと思う事もしばしばです。

そこで、足を温めてぐっすり眠るために、靴下を履いて寝ることにしました。

でも、寝る時に靴下を履くのは良くないと聞いたことがあります。靴下を履いて寝るのは悪いことなのでしょうか?

スポンサーリンク

睡眠時の靴下が悪いと言われる理由

汗が足を冷やすため

睡眠時は足が汗をかくことで、体温調節を行っています。寝ているときに靴下を履くと、靴下が汗を吸収してしまい、その水分によって足を冷やしてしまいます。

締め付けにより足を冷やすため

靴下の圧迫により足が締め付けられると、血流が悪くなり、足が冷えます。

体温調節がしずらくなるため

靴下に熱がこもると体温調節がしずらくなるので、足が冷えます。

睡眠時に履いても良い靴下

上記のような理由で、「睡眠時の靴下はダメ」と言われていますが、この原因をクリアできる靴下であれば、履いて寝ても差し支えはありません。

むしろ、汗を溜めない靴下を履けば、足が朝までポカポカしてぐっすり眠れます。

足の冷えにはシルク

足の冷えに効果があるのは、シルクやウールの靴下です。特に、効果が高いのは何と言ってもシルクです。

なぜシルク素材がいいのかというと、

ウールより吸湿性・放湿性・通気性に優れているからです。

シルクとウールは弾力性があり、足を圧迫しないので、血流を悪くしません。さらに、シルク素材は、汗をかいてもすぐに水分を吸収し、外へ逃がしてくれます。そのため、靴下が吸った水分による足の冷えを防いでくれます。

緩めの靴下にしよう

朝起きたら靴下が脱げていたというくらい、緩い靴下の方が足が温まります。

ぐっすり朝まで寝るためには、就寝前に足を温めておくことも大切です。

2重構造で温かい、シルクのふわのびおやすみソックス(冷えとり日和365)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-通販お得情報