雑記

車の乗り降り・電車内で濡れない迷惑をかけない便利な傘「+d UnBRELLA」が大人気

2017/09/08

雨が多い梅雨の季節。

ここ数年の異常気象の影響で、突然の大雨が降ることも少なくないです。傘をさして屋根がある建物に入る場合は問題ありませんが、車の乗り降りをする場合、100%身体がびしょ濡れになります。

しかも、傘に付いた水滴で「車内がびちょびちょに水浸し」ということも多々あります。

そこで、自分も濡れず車も濡れない便利な傘を見つけました。

NHKのごごナマでやっていた「日本の傘特集」の中で紹介されていたものは35,000円と高い。そこでもっと安いものがないかと探してみたらありました。

それが「+d UnBRELLA」です。

スポンサーリンク

+d UnBRELLAの良い点

雨の日の不快を解消する、まったく新しい傘

濡れにくい

閉じた時に濡れた部分が内側にくるため、洋服や荷物が濡れることが無く、バス・満員電車・エレベーターなどの人ごみの中で他人に迷惑をかけることがありません。

さしやすい

濡れた部分が内側に来ているので、身体が濡れにくく、サッと開きます。

自立する

普通の傘と違い、閉じた時に向きが逆になるため、そのまま立てておくことができます。ひっかけたり立てかけたりしない分、忘れ物が減るかもしれません。

どちらからでも巻ける

傘の留め具はボタンでではなないので、左巻き右巻きでもどちらからでも巻けます。

左利きの私としてはうれしいです。

+d UnBRELLAの悪い点

目立つ

開くと骨組みが外側にくるので、とても目立ちます。

傘立てに入りにくい

店頭に設置してある傘立てには入りずらいです。逆に、取り出す時は他の傘にひっかからずに取り出すことができます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

この傘は徒歩や公共機関を利用する時よりも、車の乗り降りに特化して使うのがベスト。普段の移動手段が車の人に便利な傘だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-雑記