スキンケア

驚くほどお肌がツルツルに!!無料で作れる米のとぎ汁パックがスゴイ

若いころと違い、四十路になると「肌にハリやツヤ、潤いが無くなったな~」と、しみじみ感じます。

かといって、独身時代と違い、スキンケアに高額を払う余裕もありません。

そこで、安くて肌がつやつやになる方法って何か無いかと探していたら、タダで肌が綺麗になる方法を見つけちゃいました。

なぜ無料かというと、米のとぎ汁を使うからです。

スポンサーリンク

米のとぎ汁パックの作り方

1.お米のとぎ汁をカップなどの好きな容器に入れる。

※私は100均のフタ付き計量カップを使っています。

2.ラップなどでフタをし、冷蔵庫で半日~1日寝かせる。

※底に沈殿物が溜まります(成分は米ぬかとほぼ同じ)。

3.沈殿物を流さないように、そーっ水を捨てる。

※これでパック用クリームが出来上がり。

米のとぎ汁パックのやり方

1.洗顔後、タオルで軽く顔を拭く。

2.顔に塗り、4~5分放置。

3.顔が乾ききる前にぬるま湯で洗い流す。

4.最後にいつものスキンケアで終了。

やることはたったこれだけ。簡単でしょ?ものの数分で終わるので、時間が無くてもチャチャッとできます

実際に手に乗せた状態。

ほんのり黄色がかったミルク色のクリームはとろっとしています。

顔に塗ると、あっというまに肌に浸透するので、乾くのも早いんですよ。

パック後は肌に透明感が出て、しっとりします。刺激もつっぱり感も無く、無添加なので安心して使えます。

継続して使うと、つるつるすべすべになり気持ちがいいですよ。

パックが面倒な場合、とぎ汁で顔を洗うだけでも肌の状態が違います。

なぜ米のとぎ汁が肌にいいの?

米のとぎ汁が白いのは、精米の途中でとりきれなかったヌカなんです。

米糠(こめぬか)には、美容にいいビタミン・ミネラル以外にもセラミドが多く含まれています。

米ぬかのセラミドが肌の角質細胞の隙間を埋め、外界からの刺激をブロックをするだけでなく、水分の蒸発を防いでくれます。そのため肌がしっとりツルツルになるんです。

また、セラミドには、メラニンの過剰蓄積を防ぐ美白・美肌効果もあります

糠床を毎日かき混ぜる手は、とてもすべすべになるんですよ。

効果の現れ方は個人差がありますが、少なからずともお金をかけずに肌を綺麗にできるのは、凄いですね。

最後に

お米のチカラって偉大ですね。

手荒れが酷くてハンドクリームを付けるくらいなら、米とぎグッズを使わずに自分の手でお米をとぐことをオススメします。

0円で肌が綺麗になるなら、米とぎなんて苦になりませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-スキンケア