節約・時短 節約料理

時短・節約。忙しい朝に3分でできる簡単味噌汁生活のススメ

2017/09/22

みなさんは、朝ごはんちゃんと食べてますか?

私は生活が不規則なので、お味噌汁だけは飲むようにしています。

なぜかというと、朝温かいものを飲むと身体が温まって元気が出るからです。しかも新陳代謝もアップします。

「それならコーヒーやお茶でいいんじゃない?」という人もいますが、私はそうは思いません。

具材の組み合わせによって身体に必要な栄養が摂れますし、何といっても空腹が満たされるからです。お腹が空いていると集中力が欠け、仕事にも影響が出ますからね。

本当はご飯も一緒に食べたいところですが、長年朝ごはんを抜いてきたので、一緒に白米を食べるとカロリーオーバーで痩せられないんですよね。これだから40代は嫌だな・・・。

一人暮らしの人の場合、朝ごはんを作らずにコンビニで買って食べたり、外食チェーンで朝ごはんを食べる人も多いと思います。便利な世の中ですが、お金が余分にかかるし、時間の無駄遣いです。

朝ご飯を、ラップで小分けした白米(もしくは玄米や雑穀米)と自家製の即席みそ汁に変えると節約になるだけでなく、栄養のバランスが良くなります。洗うのは箸とお椀だけだし、コンビニのパンを食べるよりもはるかにヘルシー。しかも、5分は余分に寝ていられます。

節約・健康維持のために、毎朝手作り味噌汁を飲んでみませんか?

スポンサーリンク

味噌汁の作り方(お椀1杯分)

  • 好みの具材 適量
  • 味噌 大さじ1
  • お湯 適量

具材と味噌を器に入れ、お湯で溶かして出来上がりです。

味噌は沸騰させると風味が飛んでしまうので、お湯に溶かした方が美味しいんですよ。

私は健康のため、味噌大さじ1/2、酢大さじ1/2で作って毎朝飲んでいます。

具材の下ごしらえ

具材の下ごしらえは、前日の夜や休日にまとめてやっておくと、忙しい朝に余裕ができます。

冷蔵保存や冷凍保存、乾物をストックしておくとバリエーションが増え、飽きずに飲めます。

ネギ

小口切りにして冷凍保存しておきます。凍ったまま使います。

油揚げ

細かく刻み、油抜きしておきます。油抜きは電子レンジを使うと便利です。耐熱容器に水と油揚げを入れて温め、ザルにあけて冷まします。冷めたら水気を切って、保存容器で冷蔵または冷凍保存します。

冷凍した場合は、自然解凍をして使います。猫舌さんの場合、凍ったまま入れてもOKです。

葉物野菜

ほうれん草、小松菜、キャベツなどの野菜は下茹でして冷蔵庫で保存します。茹でるのが面倒であれば、レンジでチンして柔らかくします。レタスをちぎって入れても美味しいです。

私はお浸しやごま和えを作る時に、少しだけ味噌汁用に取っておきます。

根菜

根菜は茹でておきます。芋類は食べる前にレンジでチンしておくと簡単です。大根やニンジン、ごぼうなどは炒めておいてもいいですよ。

乾物

乾物は常温で日持ちがするので、ストックしておくと便利です。

切干大根は食べやすい大きさに切り、水でサッと洗って絞っておきます。

高野豆腐、麩(ふ)、わかめはお湯を注ぐだけで食べれるようになります。

炒り卵

耐熱容器に卵を割りほぐし、箸でよくかき混ぜます。レンジで30秒加熱したら取り出し、かき混ぜて炒り卵を作ります。

残り物おかず

きんぴらごぼうや野菜炒めなど、多めに作っておいて味噌汁の具材にします。具に味が付いているので、味噌の量を加減して下さい。

味噌汁の食器

木のお椀はもちろんのこと、マグカップやスープカップを使うとレンジでチンできるのでとても便利です。

私は中の具によって使い分けています。

簡単味噌汁のバリエーション

具材によっては、見た目がインスタントみそ汁と変わらないものもありますが、インスタントを買うよりはるかに安いです。

高野豆腐の味噌汁

具材(高野豆腐、乾燥わかめ、冷凍ネギ)

油揚げの味噌汁

具材(油揚げ、乾燥わかめ、冷凍ネギ)

小松菜の味噌汁

具材(小松菜のおひたし、油揚げ)

野菜炒め

具材(もやし、キャベツ、赤ピーマン、しめじ)

きんぴらごぼうの味噌汁

具材(きんぴらごぼう)

オクラの味噌汁

具材(冷凍オクラ、高野豆腐)

オクラの冷凍保存の方法はこちら

大根とネギの味噌汁

具材(冷凍大根、冷凍ネギ)

大根は薄いいちょう切り、ネギは青い部分を小口切りにしています。

マグカップに、具材と具材がひたひたになる位の水を入れ、レンジ(800W)で40秒ほど加熱しました。大根は温まってパリパリ、ネギは気持ちしんなり。あとは味噌と熱湯を入れて出来上がりです。

好みによって、加熱時間を変えて下さいね。

最後に

味噌汁は味噌玉にしてお弁当のお供にすることもできます。具材によっては冷凍保存も可能なので、ストックしておくのもいいと思います。

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-節約・時短, 節約料理