キッチンツール

包丁が怖い人必見!!料理嫌いを克服するオススメの調理器具

2017/02/17

私は料理が好きですが、包丁使いが苦手です。

特に、包丁が怖いと感じるときは、ネギや玉ねぎ、キャベツを切るときです。油断すると「一緒に爪が切れちゃった」ということもしばしば。

そこで、包丁を使わなくても簡単に調理ができる、人気の調理器具を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ネギを簡単にカットするスライサー

ねぎってぬるぬる滑るから、上手く切れないことが多いですよね?しかも、目が痛くて涙が出ちゃう。まな板に臭いが付くのも嫌だな~。

そこで便利なのが「貝印 Cookfile ねぎスライサー」です。

このスライサーの人気の秘密は、小口切りと白髪ねぎが両方作れる2WAYタイプというところです。

ネギって地味だけど、味噌汁・麺類・チャーハン・炒め物・薬味として欠かせない万能野菜。小口切りもいいですが、白髪ネギも時々使いたい。だって、料理がかっこよくなるじゃないですか。

しかも、きゅうりの輪切りとしてもジャストサイズ。サラダづくりも楽々です。ますます料理のバリエーションが増えますね。

また、このスライサーを使うと、まな板が汚れないから洗い物が楽。ズボラでも平気。

ちまたでは白髪ねぎ専用のカッターが人気ですが、小口ネギも作れるスライサーだからこそ、買う価値アリです。

千切りと大根おろしがあっという間にできるスライサー

千切りサラダを作るとき、一番面倒なのが洗い物。きゅうりを切ったら、包丁とまな板を洗って次は大根。ふき取るたびに布巾はべちゃべちゃ。超面倒~。

そこで便利なのが「ののじサラダおろし」です。

粗めのブレードと細かめのブレードを取り替えるだけで、千切りと大根おろしが出来上がります。

ハンディなのでお皿の上で使えるし、フードトレイをセットすると、大根おろしも楽々です。

しかも、千切りはふわふわシャキっの食感で、包丁で切るよりも美味しくなります。

怖い包丁を使うより安全で、調理時間短縮になります。

食材を変えてカットする場合、キッチンたわしで洗えばすぐに使えるので、包丁とまな板いらず。

とても便利ですね~。

ふわふわ千切りがスーッと切れるスライサー

キャベツの千切りで思いつくのが「ののじ」キャベツピーラーですが、これが意外と使いにくいんですよ。

というのは、キャベツの内側はいいのですが、外側をスライスすると、キャベツが引っかかって切れないんです。食感が良いだけに、使いにくくてとても残念です。

しかし、サンクラフトの「キャベツ用巾広スライサー」なら、そんなストレスがなく簡単にカットできるんですよ。

しかも、切った時のふわふわ感が良くて、お店で利用している人もいるから驚きです。

半玉キャベツがスライスできて、安全ホルダー付きなので、爪や指を切る心配がありません。

これがあれば、普段料理をしない夫や、子供にお手伝いをさせる絶好のチャンスです。

みじん切りが簡単で目が痛くならないスライサー

包丁の天敵は玉ねぎのみじん切り。外側はいいんだけど、1枚1枚の内側がぬるぬるしていて、滑る。しかも途中で目が痛くて涙が止まらない。

時間がかかるし手が切れそうだし怖い。

そこで便利なのが「ぶんぶんチョッパー」です。

普通のフードプロセッサーはコンセントが必要ですが、このぶんぶんチョッパーは、紐が付いた取ってを引くだけでみじん切りが出来上がります。

回数が少ないと粗く、回数が多いとさらに細かいみじん切りになるので、このみのサイズに切ることができます。

玉ねぎだけでなく、硬い人参もなんのその。今まで苦労していた卵のみじん切りなんて、あっという間に出来ちゃいます。調味料を一緒に入れて作れるのもいいところ。

刃も簡単に取り外しができるので、洗うのも楽なんですよ。

ハンバーグも餃子も簡単に作れます。手が汚れずあっという間に出来上がるので、料理の作業効率が上がります。

これがあると、オムライスやピラフを作る回数がどんどん増えそう~。

こちらの記事も読まれています

便利で実用的!!毎日役立つおすすめキッチン用品(グッズ)まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-キッチンツール