キッチンツール

安いのに長時間保温可能。おしゃれで携帯に便利な人気のコーヒーマグボトルとは

2018/06/26

毎日ドリップコーヒーを2杯飲むことが日課になっている私。

飲むたびにドリップするのは面倒だし、コーヒーフィルターを2枚も使うのはもったいない。なので、今まではハリオのジャンピングリーフポットで、まとめて作り置きしていました。


HARIO (ハリオ) ジャンピング リーフポット 2~3人用 ホワイト JPP-50W

軽くカップ3杯は入る便利なポットなのですが、すぐに冷めてしまうし、100均のコーヒードリッパーを使うとサイズが合わず、ガタガタして使いにくいんです。

そこで、

  • 時間が経っても冷めない
  • 飲みやすい
  • コーヒードリッパーが使える

そんな便利なグッズが無いかな?と、探していたところ、便利なステンレス製の魔法瓶を見つけちゃいました。

cococafe(ココカフェ) 真空二重マグとは

ステンレス製のマグボトルです。

サイズは300mlと500mlの2種類。真空の二重構造になっているので、保温性が抜群です。熱湯を入れると6時間は温かいまま飲むことができます。

逆に、氷を入れて冷やしても、冷たさをキープしてくれます。

中栓をセットし、ここに直接口を付けて飲みます。これなら氷を入れても、あふれ出てくることはありません。

中身が少しずつ出てくるので、熱いコーヒーが一気に口に入ることもありません。

中栓を外すと、冷凍庫で作った氷が簡単に入ります。

蓋がしっかり閉まるので、液漏れする心配もありません。

コーヒードリッパーは使えるの?

購入してはみたものの、ダイソーのコーヒードリッパーが使えるかどうか、とても心配でした。

実際に使ってみると、ドリッパーがぴったりとハマり、安定した状態でコーヒーを淹れることができました。

気を付けたいこと

ドリッパーをセットすると中身が見えない

コーヒーを淹れる時、ドリッパーで水筒の中身が隠れるので、お湯の量に気を付けなければなりません。うっかりすると、中身が溢れることがあります。

※過去2~3回溢れました。

一番いいのは、マグで水を計り、やかんで沸かしてコーヒーを淹れることです。そうするとステンレスマグにぴったりと入ります。

粉末は完全に溶かして入れる

インスタントコーヒー、砂糖などは、完全に溶かして入れて下さい。粒が残っていると、蓋がしっかりと閉まらず、液漏れする可能性があります。

車のドリンクホルダーよりも細い

ボトルが細いので、車のドリンクホルダーにセットするとグラつきます。ガタガタ音がしますし、マグに傷が入りかねませんので、気になる場合は、ボトルカバーを装着することをオススメします。

ちなみに私は、100均のペットボトル用のカバーを使っています。300mlのマグの場合、袋にすっぽり入り、巾着のひももしっかりと閉まります。

ドリンクホルダーの中でずれず、安定して置くことができます。

入れてはいけないもの

牛乳・乳製品・果汁など

腐敗する可能性があり、そのまま長時間放置すると、ガスが発生して中身が噴き出す危険性があります。

塩分を含んだもの

味噌汁やスープなどは錆びたり、保温力が低下するおそれがあります。スポーツドリンクも塩分を含んでいますので、あまり入れない方がいいかと思います。

ドライアイス・炭酸飲料など

内圧が上がり、ふた栓が開かなくなったり、圧力で飲み物が吹き出たりします。

果肉やお茶の葉など

固形物がフタの間に挟まると、すき間ができて液漏れする可能性があります。茶葉を使う場合は、急須やティーバック、茶こしなどで淹れるといいでしょう。

気を付けたいこと

お湯を入れ過ぎない

お湯は、マグの縁よりも2cm位は少なめに入れて下さい(中栓にお湯がつかない程度)。

熱湯を並々入れた場合、中が真空になり、ふたを開けると「ポン」という音と共にしぶきが出ることがあります。

熱湯は少なく入れてもダメ

保温性が高いので、お湯の量は少なくてもしばらく熱いままです。

量が少ないとマグをかなり傾けないと飲めません。フーフー吹いて冷ます前に、口の中にダイレクトに熱湯が入り、火傷します。

なので、お湯は上記の写真位まで入れるのがベストです。

フタの裏についた水滴は落として飲む

蓋を開けると、裏に水滴がついています。そのまま飲むと、水滴で衣服を濡らしてしまう可能性があります。

マグの上でふたをトントンと軽くたたき、水滴を落としてから飲んで下さい。

あると便利なもの

ボトル用のスポンジがあると便利です。細くて手が入らないので、無いと綺麗に洗えません。

スポンジも細いタイプの方が洗いやすいです。

最後に

購入する決め手になったのは、

  • 真空二重マグで保温性が高かったこと。
  • スリムでデザインがおしゃれだったこと。
  • 値段が他のものよりも安かったこと。
  • 氷を入れても飛び出さないこと。

です。

実際にとても使いやすかったので、外出時、自宅問わず、いつも携帯しています。コーヒーだけでなく、白湯を入れて持ち歩くこともあります。

中身が減ってきても、思ったよりも温かく飲めるのも良かったです。

コーヒーのためにと考えている方には300mlタイプがオススメです。500mlだと飲み過ぎちゃいますからね~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-キッチンツール