PC・ネットの基本

DELLデスクトップのディスプレイに「Self Tset Feature Check」対処法

パソコンにSDカードを差し込んだら、突然ディスプレイに次のようなメッセージが表示されました。

「Self Tset Feature Check」

そしてその下に、赤、緑、青、白のカラーがそれぞれ表示され、画面上でずっと動き回っています。

パソコンをリセットや強制終了すると壊れる可能性もあるので、とりあえずネットで原因を調べてみることに。

スポンサーリンク

Self Tset Feature Checkの意味合い

どうやら「モニタ側でアナログ信号を検知できない」という内容のようです。

エラーの原因と対処法

考えられる要因は以下の4つ。

モニタの信号切替(アナログとデジタル)が出来ていない

入力ポートが複数の場合、モニタの入力切替を行ってください。

PC側の接続端子が間違っている

パソコン側の接続端子を確認し、緩んでいないか、接続が間違っていないかをチェックします。緩んでいればしっかり締め、接続が間違っていたらケーブルを挿入し直してください。

モニタの表示解像度を超えて表示しようとしている

モニタの最大表示画素数に合わせて、PCの設定を変更してください。

モニタの故障

モニタを修理するか、買い替えて下さい。

私が行った対処

そういえばこの前、パソコンを移動する際に接続し直したっけ。

真っ先にケーブルの接続状態を確認したら、ネジが緩んでいました。締め直したらすぐに元通りに。

うっかりさんですね~。

まとめ

モニターにエラーが出た場合、まずはケーブルの接続状態を確認してください。

特に、移動などで接続した場合はネジを締め忘れることもあるので、要注意です。

それでも正常に作動しない場合は、別の方法もチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-PC・ネットの基本