業務スーパー

業務スーパーの輸入ミルクチョコレートのレビュー

2017/03/06

2月の商品?のココアトリュフを食べそびれてしまったので、今月のチラシ商品「ドイツ輸入・ミルクチョコレート」を食べてみました。

ベルギートリュフ食べたかったな~。

スポンサーリンク

ドイツ輸入ミルクチョコの内容

この商品には、ミルクとビターの2種類があり、甘いものが好きなら当然ミルクです。

  • 内容量 100g
  • 単価 97円
  • カロリー 515kcal

明治の板チョコが1枚50gでおよそ100円。カロリーは279kcal。比べると、輸入チョコは2倍の量で、カロリーが少し低いです。

外側の包装紙を空けると同時に、内側のアルミホイルも綺麗にはがれ、チョコの裏側がお目見えしました。

明治の板チョコは、アルミもやぶかなければ食べられませんが、このチョコはすぐに食べられるので、気が利いていますね。

ひっくり返してみると、こんな感じ。

1枚が15切れなので、2人で分けると1切れ半端になってしまいます。しかし、3人で分けるとケンカになることはありません(笑)。

さすがに、日本の板チョコの2倍なので、厚みもあります。なので食べごたえも十分です。

気になる味と食感は?

一口食べた瞬間、フルーティーな甘さを感じました。フルーツは一切入っていませんが、外国のチョコは風味が少し違いますね。

甘さも強め。でも、すごく甘いという訳ではないので、飽きずに食べられます。

一口目よりも二口目。食べていくうちに不思議と美味しく感じます。

少し硬めなので、歯が弱い人は気を付けて食べた方がいいでしょう。

ヨーロッパやハワイなどのお土産チョコよりも美味しいので、食べ過ぎには注意です。でも、食べ始めると止まらなくなります。

まとめ

業務スーパーのドイツ製ミルクチョコレートは、明治やロッテのチョコよりもボリュームが多く、しかも安い。

味もなかなか美味しいので、チョコをたっぷり食べたい方には、業務スーパーの輸入ミルクチョコはおすすめです。

今回は、当たりの商品でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-業務スーパー