千葉

【千葉の観光】桜と菜の花を楽しむ。春の房総半島穴場のドライブコース

2019/04/10

桜や菜の花の名所だけれど、平日は比較的空いている「千葉県房総半島・春の穴場観光スポット」を紹介したいと思います。

石神名所「なの花畑と小湊鐡道」

石神名所なの花畑は、小湊鐡道「上総大久保駅~養老渓谷駅」間の養老渓谷寄りにある、列車と菜の花の撮影スポットです。

里山保全活動をするボランティア団体「石神なの花会」によって運営されており、休耕田がいつでも水田に戻せるようにとの思いで植えられています。

菜の花の見ごろは3月中旬から4月下旬。花が終わり、6月の青い実をつけた頃に刈り取られます。秋になるとあぜ道にヒガンバナが植えられ、また違った鉄道写真を撮影することができます

菜の花に目が行きがちですが、地元で「かんかい」とよばれる山は「ヤマザクラ」で真っ白に染まります。この桜は、ソメイヨシノよりも開花が早いんですよ。

追記(2019年4月9日)

2019年4月9日に石神地区を訪れた所、菜の花が減っていました。

桜が散り始めの時期だったので、摘み取られた後だったのかもしれませんが、連作(同じ場所で同じ作物を繰り返し栽培すること)による障害が出ているそうです。

詳細石神なの花会「この景色を守りたい。石神菜の花畑を一緒に守る仲間を募ります。」

駐車場:無料

※電車内からも菜の花が楽しめるように、ここでは電車のスピードを緩めてくれます。なので、写真を撮るのが苦手でも、比較的撮影しやすいビュースポットです。

千葉県立大多喜県民の森「枝垂れ桜」

千葉県立大多喜県民の森は、桜の穴場スポットです。

ソメイヨシノも美しいのですが、公園正面にある枝垂れ桜が美しく、とても目を惹きます。

形と広がりが見事で、満開時には青空をピンク色に染め、桜の存在感と美しコントラストが楽しめます。

ちなみに、満開になるのはソメイヨシノよりも遅いです。

通路をはさんだグラウンド(大多喜町B&G海洋センター内)の桜も見ごたえがあります。

駐車場:無料

大多喜城「ソメイヨシノ」

大多喜城は桜の本数は少ないものの、城と桜が青空に映える、千葉の桜の名所となっています。

大多喜城は、徳川四天王「本多忠勝」の居城でもあります。

実は、桜の木が一番密集しているのは駐車場。

駐車場には茶屋があり、そばやうどん、甘酒、ラムネなどをいただくことができます。

駐車場:有料

66台(内大型車2台/障がい者用2台)

  • 軽自動車(1回200円)
  • 普通自動車(1回200円)
  • 中型自動車(1回1,500円)
  • 大型自動車(1回1,500円)

※日付が変わると1回加算されます。

最後に

桜といば、花と団子。

大多喜へ立ち寄った際は、ぜひ名物の最中十万石を食べて下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-千葉