美容

たった小さじ1/2杯なのにクエン酸のリンス効果がスゴイ。その作り方と感想をまとめてみた

2018/12/06

節約のため、格安のシャンプーとコンディショナーを使っている私ですが、先日リンスを切らしてしまいました。

たまたまクエン酸の効用を調べていたところ、リンスとして使えるということを知ったので、さっそく試してみました。

クエン酸リンスの作り方

用意するもの

  • クエン酸 小さじ1/2
  • お湯(40℃~45℃)
  • 洗面器

作り方

洗面器にクエン酸とお湯を入れて溶かしたら出来上がりです。

クエン酸リンスの使い方

シャンプー後、クエン酸液をゆっくりとかけ、髪全体に馴染ませたら、すぐにお湯で洗い流すだけです(洗面器に髪を浸すのもOK)。

※クエン酸液はすぐに浸透するので、トリートメントのように時間を置く必要はありません。

クエン酸リンスをした感想

液がシャバシャバなだけに、本当に効果があるのかと半信半疑でしたが、タオルドライした後の櫛(くし)の通り具合がいつもよりイイ感じがしました。

更に感動したのは、ドライヤーで乾かした後に

  • 髪がサラサラになった
  • 髪の広がりとボリュームがダウンした

ことです。

若いころと違い、40代になると「パサつき」「広がり」「うねり」がひどくなります。

おまけに硬くて太い髪質なので、トリートメントやヘアムースを使わないと、お笑い芸人・ユニバースのはらちゃんのようになります(目ははらちゃんよりも大きいですよ)。

それが、少量のクエン酸を使っただけで、トリートメント後のような髪になりました。

トリートメントよりも短時間で済むので、これは便利だと思いました。

クエン酸リンスのコスト

クエン酸小さじ1杯は3gなので、1回に使う量は1.5g。

ダイソーのクエン酸を使うとすると、1袋が200gなので、およそ130回分。100円で約4か月間使えます。

とても安上がりなので、かなり節約ができます!!

クエン酸リンスで気を付けたいこと

  • 使う前に必ずパッチテストをする
  • 目に入らないように気を付ける

最後に

クエン酸は掃除でも使えるので、ストックしておくと一石二鳥です。

100均で買えば安上がりなので、節約を考えている人にはとてもいいアイテムです。

今度、シャンプーも無くなったら、ダイソーのマルセイユ石鹸と一緒に使ってみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-美容