生活術

足が冷たくて痛い。靴下の重ね履きで足と身体がポカポカになった話

2019/01/06

以前、300円ショップでルームシューズを購入したのですが、気温が氷点下まで下がる真冬になると、さすがに足が温まらないんですよね。

どんなあったか靴下を買っても、足が冷えるのは仕方がないのかなと、半ば諦め気味でした。

そこで、最後の手段として、靴下を重ね履きすることに。

すると、驚くほど足がポカポカになっちゃいました。

ホント、「重ね履きは負けだ」と思っていた自分がバカみたい(笑)。

靴下の種類と枚数

私は、靴下2枚とルームシューズの組み合わせで、つま先の冷えを解消しました。

  • 春・秋用の靴下
  • 冬用の靴下
  • もこもこルームシューズ

重ね履きの効果

靴下を重ねて温かい空気の層を作り、もこもこルームシューズで温まった空気を閉じ込めるので、足元がポカポカになります。

厚着をしているせいもありますが、足が温まると身体の寒さも和らぎました。

足が少し冷たい状態で履いても、時間が経つとゆっくりと温かくなり、布団に入るまでには足の痛みも忘れています。

さらに効果を上げるには

私は、パンツやパジャマの下には、必ずと言っていいほどユニクロのヒートテックを履いています。

この時、足首を隠すのがポイントです。

身体の冷えを解消するには、3つの首(首・手首・足首)を温めると効果があると言われています。

なぜかというと、首・手首・足首は、身体の中で特に皮膚が薄い部分であるため、冷たい外気の影響を受けやすいからです。

ヒートテックの代わりに、レッグウォーマーでも効果が上がります。

最後に

足を締め付けたり、汗をかくのは逆効果になるので、就寝時は裸足を心がけています。

その代わり、布団では電気あんかを愛用しています。

お湯が必要な湯たんぽよりも、手軽に使える電気あんかは朝までポカポカ。

電気代もさほどかからないので、あったかグッズも使い分けが必要だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-生活術