PC・ネットの基本

MP3形式(またはWAV形式)音楽をCDプレイヤーで聴く方法

2017/02/23

「編集した音楽をCDに保存したけれど、プレーヤーで聴けなかった」という経験をしたことがありませんか?

これ、当然なんです。なぜかと言うと、ファイル形式が違うからなんです。

音楽を編集する時は、WAV形式のような圧縮されていないファイルを使います。(⇒形式について)

CDプレーヤーで音楽を聞くときは、CD-DA形式(コンパクトディスクに音楽等の音声を収める規格)で保存しないと音楽を聴くことができません。

なので、編集した音楽をCDに保存する時に、ファイル形式を変更する必要があります。

スポンサーリンク

編集した音楽をCDプレーヤーで聴けるようにする方法

1.Windows Media Playerを起動します

2.「書き込み」を選択します

290

3.「書き込みリスト」にファイルをドラッグします

291

4.「書き込みオプション」→「オーディオCD」を選択します

292

5.「書き込みの開始」を選択します

293

6.PCにCDをセットします

7.「自動再生」ダイアログが表示されるので、「オーディオCDの書き込み」を選択します

8.CDの書き込みが始まり、数分経ったら終了し、CDプレーヤーで聴けるようになります

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-PC・ネットの基本