布ナプキン

初めての布ナプキンはどれがおすすめ?一番使い心地が良かったものはコレ

2017/02/13

688

40代も中盤にさしかかり、毎月の生理が不規則になるようになりました。

布ナプキンは生理不順に効果があり、私のように悩んでいる人の多くが使っているという事なので、今年から使ってみることにしました。

でも初めて使う場合、使いやすさや汚れ落ち、紙ナプキンと比べてどうなのかがとても不安だったので、とにかく安い値段のもので、使い心地を試してみようと思いました。

そこで試した結果、「ジュランジェ」のお得用布ナプキンが一番良かったので、紹介したいと思います。

ジュランジェの布ナプキン【ワンコイン3枚セット】多い日昼用 洗剤付き DM便送料無料

スポンサーリンク

ジュランジェのお得用布ナプキンセット

  • 一体型ナプキン(多い日の昼用) 3枚
  • アルカリウォッシュ(洗剤) 50g
  • 1,500円(送料込)

布ナプキンの種類には、羽つきの一体型とホルダータイプの2種類があります。一体型は、使い捨ての羽つきナプキンと同じ感覚で使えるので初心者向きです。

付け心地

689

無漂白のコットンを使っていて、なめらかでふわっとしています。何回洗濯しても、ナプキンの柔らかさが持続しています。防水布も付いているので、漏れの心配が無く、取り替えるペースは紙ナプキンと同じで使えます。

色は生成(きなり)で、布についている黒い点は綿花のカスです。洗っていくうちに自然と取れて気にならなくなります。

通気性がいいので蒸れにくく、嫌な臭いが抑えられるので断然使い心地が抜群です。

汚れ落ち

布が柔らかいからでしょうか?他の布ナプキンと比べると、汚れが綺麗に落ちます。経血の量や状態によって若干違いますが、他のナプキンと比べると洗濯しやすいナプキンです。

ナプキンの形

690

前が短く、後ろが長い形になっています。羽のカーブがゆるい分布面積が広いので、ずれにくく安定しています。ボタンが1ヶ所しかないので幅の調整ができませんが、多い日用なのでちょうどいいサイズです。

691

色とデザイン

セットで値段が安いため、デザインを選ぶことができません。無地の濃淡ピンクのナプキンは必ず含まれています。柄物のナプキンはお店におまかせなので、どのタイプになるかは届いてからのお楽しみになります。

他のメーカーとの比較

メーカー ジュランジェ ロハス工房 nunona
690 692 693
1枚当たり単価 500円 500円 1,490円
用途 多い日の昼用 多い日の昼用 夜用
生成 生成
洗濯前 なめらかでふわふわ ジュランジェとnunonaの中間 しっかりしていて硬め
洗濯後 ほとんど変わらず 硬くてゴワゴワになる ほとんど変わらず
汚れ落ち 汚れが落ちやすい 状態によって汚れが残る場合がある 白いのでシミが気になる
詳細 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
まえむきポイント
ジュランジェの布ナプキンは、低価格であるにもかかわらず、品質は値段以上の価値があります

正直なところ、最初からすべてジュランジェのもので揃えればよかったと後悔しました。

布ナプキンを使いたいけれど、どれを選んでいいか迷っている。そんな多くの人に、ぜひ使っていただきたいのがこのナプキンです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-布ナプキン