お弁当

人気!!お手入れしやすく使いやすい女性サイズの曲げわっぱ弁当箱のまとめ

2018/01/12

最終更新日:2018-01-12

お弁当箱を曲げわっぱに変えて、毎日の昼食が楽しくなったにゃんころげです。

杉の木で作られたお弁当箱は、「高くてお手入れが大変そう」と、敬遠をしていました。

ですが、色々調べてみると、ズボラな私でも簡単に取り扱いができるものがあると知って、曲げわっぱ愛好者の仲間入りを果たしました。

今まで、専門店にでも行かない限り、曲げわっぱを買うことができないと思っていましたが、通販サイトを利用すると、自分が思っていた以上に安い値段のものや種類を選ぶことができたので驚きました。

そこで、初めて買う人のために、手ごろで使いやすい女性用の曲げわっぱを、随時紹介していきたいと思います。

参考こちらの記事も読まれています。

アマゾン大全2018が大絶賛!!3,000円以下で買える最強の「曲げわっぱ弁当箱」

先日、晋遊舎で発行されている「Amazonベストバイ総決算!アマゾン大全2018」と言う本を読みました。

その中で、安くても品質が優れた曲げわっぱが掲載されていたので、紹介したいと思います。

安い曲げわっぱは、杉の合板を使っているものが多いのですが、この弁当箱は1枚の木で作られています。

この本の記者さんが実際に、ご飯を詰めて5時間後に食べてみたところ、「この曲げわっぱのみ、水分が丁度良く抜け、杉のいい香りをご飯から感じることができた」と報告しています。

もちろん、Amazonで扱っている他のメーカーの曲げわっぱとも比較しており、冷めても美味しく食べられる唯一のお弁当箱は、山家漆器店の小判型弁当箱と紹介しています。

ウレタン・漆塗装のお弁当箱の中で一番の買いのお弁当箱です。

丸いわっぱが好きな人に人気の「丸型弁当箱 640ml」

ちょっと大きめの丸型曲げわっぱは、漆塗りの焦げ茶色がいい味を出しています。

おこわや炊き込みご飯を盛りつけると豪華な雰囲気になるのが魅力。

普段使いのお弁当箱としてはもちろん、ハレの日や、特別な日にぴったりで、おもてなしの御膳の一部としてももってこいです。

会津若松のわっぱ飯ではないですが、気分を買えたい時の食器として使っても申し分ないですよ。

痩せたい女性向けの大きさ「小判型弁当箱 470ml」

曲げわっぱは深さがあるので、記載された容量よりもサイズが大きめ。

私が使っているお弁当箱は500ml。なので若干大きく感じます。あまり大きいとおかずに困るし、ご飯が多いと太る。

ダイエットを意識している女性なら、470mlがベストだと実感しました。

色々探した結果、一番おすすめなのは藤代工芸の「小判型弁当箱」です。

杉の白さがそのままのウレタン塗りと、暖かみのある茶色のうるし塗りの2種類があります。

どちらもシミや黒ずみが付きにくく、洗っても乾きが早いので、お手入れが楽。低価格なので、初めての曲げわっぱとしては申し分ない使いやすさです。

軽くて細長く、通勤・通学かばんにピッタリと入るのもGOODです。

四角くて詰めやすい形「長方形弁当箱 500ml」

私が使っている曲げわっぱは、こちらの形違いの小判形です。

多すぎずしっかりと食べられる量が入ります。ちょっと大きい気がしましたが、中身を浅めに入れるとちょうどいい具合です。

小判形も可愛くて良かったですが、詰めやすさを求めるなら、すき間なく効率よく詰められる、こちらの四角いタイプが断然おすすめ。しかも、サンドイッチ弁当にもちょうど良く、見栄えもいいです。

深さがあるので、面倒な時の乗っけ弁当や、あまり量を食べない男性にもお勧めのサイズです。

少食の女性やお子さん向けの曲げわっぱ「そら豆型弁当箱 450ml」

定番の曲げわっぱよりも可愛い、そら豆の形をしたお弁当箱です。

細めの形は、手が小さい人でも持ちやすく、バッグにも収納しやすいサイズです。

使いやすいように仕切りも付いていますが、私は最初の2回しか使ったことしかありません。むしろ無い方が詰めやすいかも。曲げわっぱに仕切りがいらないと思うのは私だけ?

冷めてもご飯のベタつきが無く、美味しく食べられます。

シンプルで親しみやすい分、飽きがこず、長く使えます。これなら絵柄が無くても可愛いので、小学生のお子さんにも気に入って使ってもらえます。

量が足りないと感じる時は、このお弁当箱をおかず入れにして、おにぎりをプラスしてもいいですよ。

ご飯とおかずを別々に。汁やにおい移りを防ぐ「小判2段入子(かぶせ)弁当箱 640ml」

お弁当は2段じゃないと食べた気がしない。という方にぴったりの曲げわっぱお弁当箱です。

2段のお弁当って、たっぷり入るタイプが圧倒的に多く、女性サイズを探すとなかなか見つかりません。

しかしこちらは、数少ないレディースサイズで、上段280ml、下段360mlとなっています。1段の曲げわっぱよりも浅いので、おかずがずれにくく、詰めやすいのも特徴です。

ご飯は1~1.5杯分が入り、おかずと分けられるので、ご飯におかずのにおいや汁が付くことがありません。

スリムタイプで、食べ終わった後に入れ子にすると、高さが2cmほど縮まります。

電子レンジが使えない学校や職場では、冷めても米粒が美味しい曲げわっぱは重宝します。

最後に

曲げわっぱは、お手入れが大変そうなイメージですが、ウレタンや漆でコーティングされたタイプであれば、普通のお弁当箱と同じように使えます。

↓↓↓ そんなに大した中身じゃなくてもこれくらいの出来栄えにはなります。 ↓↓↓

 

見栄えが良く、美味しく見えるお弁当箱「曲げわっぱ」。

これから気分を新たに、思い切って使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-お弁当