キッチンツール

から揚げにかける派かけない派?力いらずの「絞らないレモンスプレー」がおもしろい

2017/02/17

レストランや居酒屋へ行くと、から揚げやフライにレモンが添えてあることがありますが、あなたは「かける派orかけない派」ですか?

私は自らはかけませんが(面倒くさいので)、かけてくれたら喜んで食べます。

たまたまネットを見ていたら、レモン・柚子・かぼすなどの柑橘類を、力を入れて絞らなくてもかけられる、便利なスプレーを見つけちゃいました。

その名は「ルクエ シトラススプレー」です。以前、マツコの知らない世界やSmaSTATION!!でも紹介されたことがあるそうです。

スポンサーリンク

シトラススプレーとは

スペインのルクエ社が特許を持つ、プラチナシリコンで作られた、柑橘類(シトラス)専用のスプレーです。網になったネジの上にスプレーノズルが付いた面白い形をしています。

使い方は簡単で、上部をカットしたレモンに、シトラススプレーをねじ込んで、

レモンにしっかり刺さったら、後はスプレーをするだけです。

シトラススプレーの良い点

  • 力を入れなくても果汁が絞れる
  • まんべんなくかけられる
  • 大小のサイズがあるので、レモンだけでなく小さなかぼすも使える
  • カットの仕方に悩まなくてすむ

お皿に添えられたカットレモンを絞る場合、果汁が思わぬ方向に飛び散って、「かけムラになる」「種が飛ぶ」ということがよくあります。

自宅にあるポッカレモン100は計量には向いていますが、直接料理にかけるのには不向きです。しかも、買ってきたのはいいけど、必ず使い切らずに賞味期限切れになってしまいます。

しかし、レモンがスプレーそのものになっていると、果汁が霧状になり料理にまんべんなくかかります。もちろん、種が飛んでしまうなんてことはありません。

フレッシュレモンを一度に使い切ることも可能です。

もし余ったとしても、スプレーを差したまま保存しておくこともできます。

いつも、レモンのカットに失敗する(断面がおかしくなる)のですが、これならカット方向に悩む必要がありません。

なので、とても便利です。

シトラススプレーの悪い点

  • 少し汁が漏れる
  • 使い終わった時の洗い物が面倒

かけているうちに少し汁が漏れるので、ティッシュや布巾の用意をしておく必要があります。

使うときは楽ですが、洗い物は仕方ないことですけどね。

しかし、スプレーを差した時の形が可愛いので、プレゼントとしても使うのも面白いです。

皮が残ったら

レモンや柚子は、残った皮でピール(砂糖漬け)を作ったり、すりおろして薬味に使うと便利です。

また、レモンの皮は鍋の焦げ落としやステンレス磨きに使えますし、ドアや窓の下枠に置くと虫よけになります(アリやゴキブリ、ノミに効果的です)。

まえむきポイント

果汁も皮も無駄なく使える。レモンを食べて一石二鳥ですね。

こちらの記事も読まれています

便利で実用的!!毎日役立つおすすめキッチン用品(グッズ)まとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-キッチンツール