健康

腰や股関節が痛いのはスキニーのせい?思い切ってローライズのデニムを履くのをやめました。

今まで履いていたスキニーが、窮屈に感じてきた今日この頃。

ぽっこりお腹だと歩いているうちにずり落ちるし、太ももにピッタリすぎるため座ったりしゃがんだりするのがキツイ。

しかも、履いて時間が経つと、股関節が締め付けられるように痛くなる。

要は、履きにくく動きにくい

という訳で、私は思い切ってローライズのスキニーパンツを処分しました。

ローライズのスキニーパンツは骨盤を歪める!?

スキニーパンツやタイトスカートのように身体にピッタリしたものや、身体に合わない小さいサイズのものを着用すると、腰や骨盤をゆがめる原因になります。

ローライズやスキニーのフィット感は、腰や太ももを締め付け、骨盤を固定してしまうので動きにくく、無理に歩くことで、腰や股関節に障害や痛みを引き起こします。

骨盤が固定されると脚の血液循環も悪くなり、冷えやむくみの原因になることもあります。ローライズだとお腹が隠れないので、便秘や下痢に悩んでいる人には向いていないと思います。

冷え性で、便秘気味、股関節の調子が悪い私にとって、スキニーはまさに天敵。メリットは足が細く見えるということだけでした。

身体に負担がかからないスキニーパンツの履き方

  • 1週間に1~2に程度にする。
  • 身体に合ったサイズを着用する。
  • 長時間履かない。

この3つを心がければ安心して着用できますし、おしゃれの幅も広がります。

最後に

私がスキニーを履いて股関節が痛くなったのは、少しきつくなってしまったことも要因に含まれています。

自分を細く見せるには、単に服装でカバーするだけでなく、サイズが合ったものを選んだり、身体に負担がかからないものを着用する必要があります。

また、おしゃれをするには、体型管理など、日ごろの努力も必要だと感じました。

スキニー以外にも、足が細く見えるデザインの服もあるので、これから徐々にシフトチェンジしていこうと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-健康