iPhone

スマホの文字入力が苦手な人必見!!手帳サイズの携帯キーボードが便利で手放せません

メール、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、LINE(ライン)、レシピサイトの投稿は、いつもスマホでアップしているにゃんころげです。

本当は、文字入力が早いパソコンを使いたいのですが、現在のところ、投稿の殆どはスマホで行っています。

その理由は

  • 写真撮影がスマホ
  • スマホはいつでもどこでも投稿できる

からなんです。

スマホの場合、文章が長くなるにつれてだんだんイライラしてきます。だって、フリック入力が超面倒で、入力ミスが多くなるんですもの。しかも、その入力の遅さから、LINEではみんなの速さについていけず・・・。

PCのタイピングでは誰にも負けない自信があるのに~。

私のようにキーボード入力に慣れている人の場合、スマホの文字入力が地獄に感じる人も多いのではないかと思います。

そこで、スマホの文字入力をアシストしてくれる、便利なキーボードを紹介したいと思います。

COM-SHOT「無線 Bluetooth キーボード搭載 カバー ケース」


COM-SHOT スマパソ2 無線 Bluetooth キーボード搭載 カバー ケース アンドロイド デザイン おしゃれ iPhone Android iPad SMAPASO2 ブラック COMSMAPASO2

スマホに搭載されている無線機能であるBluetooth(ブルートゥース)を使って接続できる、携帯のキーボードです。

パソコンのタイピングができる人であれば、小さなスマホに、楽々スイスイと文字が打てます。

スマホ用のキーボードは他にも色々とありますが、これが一番便利なのには理由があります。

便利なポイント

手帳ケース型である

実は、多くのスマホ用キーボードは、サイズが大きくて携帯に不向き。

値段が高ければもっといいものもありますが、低価格で探すと、このキーボード一択です。

スマホとケースが一体化し、スタンドのように立てられます。また、手帳型ということで、バッグにもすっぽりと収まり、場所を取りません。

接続コードが無い

無線(Bluetooth)で接続するので、コードが無くスッキリしています。

もちろん、iPhoneとAndroidのどちらでも使えます。

キーボードの接続方法

スマホ側のBluetoothを起動した状態でキーボードの電源を入れ、電源の横のコネクトを押します。

繋がったらスマホ側にコードが出るので、それをキーボードから入力するだけ。

あとはパソコンのキーボードと同じように使えます。

接続設定が簡単なので、機械音痴でも安心して使えます。

最後に

これで、LINEのグループチャットも、みんなのペースで参加することができます(笑)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-iPhone