雑記

自分専用のわき式体温計。値段が手頃で使いやすいのはオムロン製でした

10年ぶりに体温計を買い替えました。

今まで使っていたものは1,000以下の安物だったせいか、買った当初から使い勝手が悪く、気が付いたら壊れていました。

体温計は 最低でも2,000円前後のものでないと使い物にならない ということを学習し、今回は奮発してオムロンの「けんおんくんMC-687/MC-688」を購入しました。

オムロン電子体温計 MC-687 けんおんくん
created by Rinker

「電子体温計 MC-687/MC-688 けんおんくん」の特徴

音と光で検温終了をお知らせ

検温が終わるとピポピポと鳴り、数字の横の部分が光ることで検温終了を知らせてくれます。

※音は比較的大きく、聞き取りやすいです。

検温時間はたったの15秒

検温時間はおよそ15秒で、体温予測をしてくれます。

※予測なので誤差が出る場合がありますが、実測検温で(約10分)きちんと計ることもできます。

文字が大きい

数字が大きいので、老眼でも見やすくなっています。

はさみやすくずれにくい

先端が平らになっているので、わきにしっかりフィットします。

ずれにくいので、検温がしやすいです。

電池交換可能

電池の種類はCR1220で、使うのは1個です。

※お試し用の電池が入っているので、購入してすぐに使うことができます。

水洗い不可

この体温計は水洗いができません。

こちらも人気です

水洗いができる体温計

テルモ電子体温計 C231は、本体とケースの水洗いが可能です。

※ただし、計測時間は20秒になります。

テルモ電子体温計 C231
created by Rinker

非接触式体温計

触れずに眉間にピッとするだけ。一瞬で体温が計れます。

小さいお子さんの検温には便利で、寝る前に計り忘れても、お子さんを起こさずに計ることができます。

特に、登校前の計測時間の短縮になるのが嬉しいです。

赤外線 非接触電子温度計
created by Rinker

最後に

今回は価格.comとAmazonランキングを参考に、オムロンMC-687とテルモC231に候補を絞りました。

その結果オムロンを選んだわけですが、家族で使うなら水洗いできるテルモ製や、非接触式体温計がおすすめです。

コロナ禍のご時世、独り暮らしではない限り、体温計は最低でも2本はあった方が安心ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-雑記