グルメ

送料無料。1,000円以下で買える人気の炊き込みご飯の素のまとめ

2018/01/06

最終更新日:2018-01-06

自分で炊き込みご飯を作ることはありますが、具材が違えど味付けはいつも同じ。

たまには、お肉の出汁や魚介のダシがしっかり効いた、普段食べないような美味しい混ぜご飯が食べたくなります。

そこで、混ぜるだけで簡単に炊ける、人気の炊き込みご飯の素を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本海の高級魚、赤い宝石・白身のトロが家庭の味に「のどぐろ釜めしの素」

太平洋ではお目にかかれない高級魚のノドグロ(アカムツ)。

料亭でしか食べられないと思っていたら、釜めしの素として販売していました。

炊飯器で炊くのもいいですが、土鍋で炊くとさらに美味しいです。おこわ、うどんとの相性も抜群で、魚の生臭さが苦手な人でも美味しく食べられる逸品です。

お肉の出汁とは違った旨味がご飯に広がり、もう一度食べたいと再購入(リピート)する人も多いんですよ。

無添加でおこげが香ばしい大分のお袋の味が人気「具だくさん鶏めしの素」

昆布だしと醤油、魚醤で味付けをしたとりめしです。

大分県前津江町のお母さんの炊き込みご飯は、具だくさんで自然を感じる旨味がたっぷり詰まっています。

冷めても美味しく、特におこげが最高!!

丹精込めて手作りされた鶏めしの素は、化学調味料、保存料が入ってないので安心して食べられます。

炊き込みご飯とみそ汁だけで、充分満足いく味わいです。

噛めば噛むほど旨味が広がる、博多地鶏の「かしわ飯の素」

こちらは炊き込みご飯ではなく、混ぜごはんの素です。

炊きたてアツアツご飯に混ぜるだけで、美味しいかしわ飯の出来上がり。ボウルに入れて混ぜ合わせれば、炊飯釜に匂いが残ることもありません。

もちろん炊いて、おこげと一緒に美味しいご飯を食べることもできますよ。

冷めても美味しいので、おかずのボリュームが少ないお弁当にピッタリです。

地鶏ならではの歯ごたえと、コクと旨味が詰まっただしで食べる混ぜごはんは、ストックが無くなると不安になるほどの美味しさです。

サクサク食感と香ばしい味わい「桜えび炊き込みご飯の素」

混ぜて炊くだけで、本格料亭の味を楽しめる炊き込みご飯です。

使っているのは駿河湾の貴重なエビで、出汁にもえびの旨味がしみ出ています。

春らしい色合いで見た目が美しく、おこげの香りが食欲をそそります。炊き上がりの色は濃いめですが、あっさりした味わいで、アレンジも可能。

上品かつ贅沢で、おにぎりにしても美味しい炊き込みご飯は、おかずが一品少なくても、充分満足できる味です。

人気ラーメン店山頭火のスープが浸みる絶品の「まかないご飯」

塩味のラーメンスープで炊き上げる炊き込みご飯の素です。

本当はラーメンが食べたいけれど、ボリュームが多くて食べられない。でも豚骨白湯スープを楽しみたいという人向けです。

ご飯にラーメンの旨味が閉じ込められるので、トッピング次第で、好みのラーメンライスとして味わえます。

気になる具材は、豚すね肉、メンマ、キクラゲ。

これはトッピングのほんの一例ですが、ねぎと紅しょうがを混ぜて食べるだけで、一層美味しくなります。

炊飯中はラーメン屋の香りに包まれます。店舗に無い炊き込みご飯を食べていると、まるで自分が特別なお客のようです。

それほど本当に満足がいく味ですよ。

最後に

炊き込みご飯って、一から作ると手間がかかるし、具材を用意するだけで高くなることがあります。

たまには、手抜きで簡単おいしいご飯を食べてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-グルメ