作り置き

大根が高い時は切干しを買え!!切干大根の作り置き

今年の冬は野菜の高値が続いていますね。

義父に大根や小松菜、白菜などをおすそ分けしてもらって何とか凌いでいますが、もやしを食べる量が確実に増えました。

たまには違う野菜も食べたいので、価格が安定している切干大根を購入。日持ちがするし、栄養価が高いので、作り置きにぴったりです。

スポンサーリンク

切干大根の栄養

切干大根は、天日で干してあるので生大根よりはるかに栄養価が高く、甘さも増しています。

食物繊維が豊富な切干大根は、カルシウムが15倍、鉄分が32倍、ビタミンB1・B2は10倍と、生大根よりも数値が高くなります。

骨粗しょう症・貧血予防、便秘解消、代謝アップなど良いことだらけ。

大根は切干しを食べればいいのでは?と思います。

油揚げと人参でさらに栄養をプラス

油揚げのタンパク質、人参のカロチン・ビタミンAを補うと、更年期障害、ガン予防、肌荒れ予防、ドライアイ予防にもなります。

煮物は日持ちがしますし、切干大根においては冷凍保存ができるので、大量ストックが便利です。

切干大根を水で戻すのはNG!!

切干大根のパックには、「水で戻す」と書いてありますが、絶対やってはいけません。

せっかくカルシウム、鉄分、ビタミンが増えたのに、水で戻してしまうと、たくさん含まれている栄養素が全部流れ落ちてしまいます。

切干大根を調理する時は、サッと洗って絞って使います。煮込む時に水の量を調整するといいでしょう。

まとめ

油揚げを一緒に煮込むと、大根に出汁がしみて美味しいんですよね。その他にひじきもオススメ。

ヘルシーで健康的な日本食は、毎日食べたいですね。

参考こちらの記事も読まれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-作り置き