食器

【砥部焼】温かいカレーうどんが食べたくなる白い小梅の麺丼

まだまだ寒い日が続きますね。

仕事から帰って何もしたくない日は、茹でうどんやそばで簡単な晩御飯を作ります。

具材は冷凍ストックのネギや油揚げ。たまには卵を落とそうかな~と。身体が温まれば自然とお腹も膨れます。

そこで重宝するのが、砥部焼のうどん鉢です。砥部焼と言っても窯元がたくさんあるので、絵柄も様々。でも、私が気に入ったのは「千山窯(さんぜんがま)」の梅模様の麺丼です。

砥部焼は、普通の和食器よりも厚みがあり、どっしりとしています。その分安定性があり、持ちやすい形になっています。白磁のつるんとした表面で、汁が飲みやすく、滑らかな口当たりです。

ひとつひとつが手描きなので、どれをとっても同じ絵付けにならないところが、この鉢の良さでもあります。青色なのにふんわりとした色付けが、梅の優しさを表しています。

この丼の最大の楽しみは、何といっても、食べ終わると梅の花が咲くというところ。

完食した人だけが味わえる視覚の風物詩です。

家族分が並ぶと、食卓が梅林のような雰囲気に。

うどん鉢ではありますが、もちろんかつ丼や親子丼でも中身が映えます。

さらに嬉しいのは、電子レンジ、オーブン、食洗器が使えます。大切に扱えば丈夫で長持ち。

そば猪口や小皿と合わせてコーディネートするだけで、地味なうどんが豪華になりまよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-食器