美容と健康

そのくしゃみと鼻水は花粉症じゃないかも「寒暖差アレルギー」に注意

2016/11/28

545

スギ花粉がたくさん舞い散るこの季節。

花粉症ではない私は、いつか発病するのではないかと毎年怯えています。

今年はやけにくしゃみを連発するので「もしかしたら発症したのかも?」と思ったのですが、症状から判断するとそうではないようです。

もしかしたら軽い「寒暖差アレルギー」かもしれません。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーのしくみ

寒暖差アレルギーは、「花粉」「ホコリ」「ウイルス」と言った外的要因からくるアレルギーではありません。

そもそもの原因は

激しい温度差

にあります。

「寒い場所から暖かい場所」「暖かい場所から寒い場所」というように、気温差がある場所へ移動すると現われる症状なんです。

特に気を付けたいのが季節の変わり目。

  • 夏から秋
  • 冬から春

が要注意です。

寒暖差アレルギーは、医学的には「血管運動性鼻炎」と言われています。なので本当はアレルギーではないんですね。

寒暖差アレルギーの症状

鼻水とくしゃみが出ます。風邪と違って熱は出ず、鼻水の色は透明です。

情緒不安定で、自律神経が乱れると症状が現われることがあります。

寒暖差アレルギーと花粉症の違い

目の充血が無く、気温差がある場合にくしゃみと鼻水があれば寒暖差アレルギーです。

目の充血やかゆみがあり、くしゃみと鼻水があれば花粉症です。

寒暖差アレルギーの対処法

寒暖差アレルギーはウイルス性の症状ではないので、これといった治療薬はありません。

アレルギーでもないので専門薬は無く、鼻炎薬か自律神経を正す薬しか処方されません。

なので、発症する前に予防することが大切です。

予防方法

  • 寒暖差を無くす
  • 筋肉をつける
  • 食生活を見直す
  • 自律神経を整える

女性は要注意

男性より筋肉量が少ない女性は体内で熱を作ることが苦手です。筋肉を付けて多少の温度差に負けない身体を作るなどして、気を付けていただきたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-美容と健康