生活術

メロン1玉が冷蔵庫に入らなくて困った。その解決法と保存期間と保存方法のこと。

2018/12/02

今日、メロン1玉をいただきました。冷蔵庫で冷やそうと思ったら、メロンを入れるスペースが無い!!

おすそ分けの更におすそ分けなので、メロンは食べごろ。やっぱり冷たいメロンが食べたいですよね。

そこで私は、1口大に切ってタッパーで保存することにしました。

メロンの保存方法

まずは、メロンの保存方法を紹介します。

熟していない場合

販売している多くのメロンは、完全に熟していない硬い状態です。

したがって、追熟するまでは風通しが良い冷暗所で保存し、食べ頃になったら食べる数時間前に、ポリ袋で密封して冷蔵庫で冷やします。

一度冷蔵庫に入れてしまうと、常温に戻しても追熟されませんので気を付けてください。

熟している場合

半分、1/4、1/6、1/8でカットした場合、種を取り除き、空気に触れないようラップで包み、冷蔵庫で保存します。

1口大にカットした場合は、タッパーかジップ付き保存袋に入れて、冷蔵庫で保存します。

メロンの保存期間

メロンの保存期間(賞味期限)は、食べごろより2~3日程度。切ったメロンの賞味期限も2~3日程度です。

冷凍メロンの場合は1ヶ月程度ですが、解凍するとベチャベチャになってしまうので、シャーベットやスムージー、ジュースにするのがおすすめです。

※メロンの保存期間はとても短く、食べごろを過ぎると発酵し、やがて腐っていきます。食べ頃になったらなるべく早く食べきりましょう。

タッパーで保存して良かったこと

まるごと1個をカットするので面倒くささが半減

食べる都度カットをすると、毎回洗い物が出るし、ラップで包むのは結構面倒。

しかし、カットを1度で済ませれば家事の時短になり、タッパーに入れると冷蔵庫のスペースを無駄なく使えました。

いつでもすぐに食べられる

1口大に切ってあるので、蓋を開けると食べたいときに手軽に食べられます。

爪楊枝を使えば簡単に食べられるので、傷む前に食べきれて良かったです。

最後に

メロンが食べごろになってしまうと、保存期間はどのみち2~3日なので、最初にまとめてカットしておいた方が、後々楽でいいですよ。

ただし、インスタ映えを狙うなら、違う切り方の方がいいかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-生活術