千葉県の道の駅

【千葉県の道の駅】リピート間違いなし。品揃え豊富な巨大マーケット「水の郷さわら」

2017/11/18

千葉県・道の駅めぐり第4弾は、道の駅 水の郷さわらです。

過去に、駐車場の縁石につまづいて吹っ飛び、ケガをしたことがありますが、それでも千葉県の中で一番好きな道の駅です。

道の駅の裏には利根川。観光船に乗ると、利根川を周遊することができます。

フードコートは手頃な値段で種類が豊富。大型スーパーのフードコートのように気軽に利用することができます。

見て下さいこの広さ。商品の多さにびっくりしますが、平日の人の多さにもびっくりします。売れてもしっかり補充されるので、買いそびれることはありませんのでご安心を。

千葉のさつま芋は、鹿児島、茨城についで全国3位。香取市の土壌は、関東ローム層という火山灰土壌でさつま芋栽培に適しています。なので、甘くて美味しい芋がたくさん採れます。しかも、種類が豊富。

新芋の季節とあって、午前中にもかかわらず棚がスカスカしていました。紅あずまはもちろんのこと、紅はるか、安納芋、あいこ、パープルスイートなど、ほくほく系からしっとり系まで色々揃っています。

お弁当はボリュームたっぷりで美味しそうなものばかり。

香取市は、「水郷どり」という地鶏があるので、唐揚げと卵焼きのセットのお惣菜もたっぷり詰まれていて、とても気になりました。

新鮮な美味しい卵もしっかりアピールしています。

米処にはたくさんの日本酒があり、

千葉名産の醤油やタレがびっしりと並びます。本当にどれを買おうか迷いますね。

そして水郷どりを使ったこだわりのカレー。

水郷近郊(成田・香取・多古)のお米は、千葉県内でトップクラスの味と品質。騙されたと思って、一度は食べてほしいです。

スポンサーリンク

最後に

今回は、炊き込みご飯やおかず用のさつま芋「あいこ」を購入。ふかしや焼きいもならねっとりクリーミーな安納芋、さつま芋ご飯や天ぷらなら紅あずまがピッタリ。

新米とさつま芋の季節にはぜひ足を運んで下さいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク



フォローしていただけるとブログ更新をチェックできます

twitter facebook google
follow us in feedly

-千葉県の道の駅